社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士国家試験結果の得点開示照会について


社会福祉士国家試験では、合格発表日(平成24年の場合は、3月15日)から起算して60日以内に、受験者本人から文書によって照会にあったものに限り、試験センターから試験結果を郵送してもらうことができます。

得点照会手数料は、800円(振込み手数料は、本人負担)です。
これに加えて、簡易書留郵便料がかかります。

私は興味本位で申請しましたが、自分の場合は、総計1300円かかりました(簡易書留・郵送料380円+振込み料金・手数料920円)。

平成24年の例だと、3月30日までの到着分は、4月5日に発送とのことでした。
自宅に届いたのは、4月7日でした。

圧着ハガキ形式で、簡易書留で送られてきました。

中を開けると、

合格基準点/総得点
あなたの得点
(合格の場合は、点数の右に合格の文字あり)
無得点科目の有無

が書いてあります。

思っていた以上に、簡易的でした。

得点照会は、合格・不合格者を問わずにできるようです。

合格発表後60日を経過すると、申請できなくなるため、自分が何点だったのかの真相を知りたい方は期限内にされてみてはいかがでしょうか。