社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



『フリーター医師の青春七転八倒記』

セブン ソングズ フリーター医師の青春七転八倒記



先日紹介した、草なぎ剛主演関西テレビ系火10新ドラ「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」のモデルとなった川渕さんが、大学在学中から紆余曲折経て、京大医学部に入学するまでの軌跡が記されています。

以下、著者である川渕圭一さんの経歴を紹介します。

猛勉強の末、2浪はしたものの東大工学部に入学。卒業後、一週間の勉強で東大の大学院に合格したが(入学者の成績は最下位)すぐにドロップアウト。その後はパチプロに明けくれたり、商社や外資系企業に就職するもすぐに辞めてしまい、鬱病を患いながらひきこもり生活に以降して行く。30歳で一念発起して、8月中旬から猛勉強を重ねた結果、京都大学医学部へ入学、37歳で研修医になるという経歴を持つ。


なぜ「フリーター医師」というタイトルをつけているかというと、「医療系の派遣会社に登録しながらフリーに活動する医師」というスタイルからだそうです。

医師を目指したきっかけの一つして、同じく医師であった父の死が大きく影響しているそうです。

患者の道しるべになれるような、なんでも相談できる“町の身近なお医者さん”を目指しているそうで、SWとして求められる資質に共通しているものを感じさせられます。

2012年4月に、川渕さんの最新作文庫本が刊行されました。恐らく本作同様の自叙伝だと思われます。

ボクが医者になるなんて (幻冬舎文庫)



大学卒業後、将来への希望を持てぬままパチプロになったボクは、会社勤めをしても長続きしない。気がつけば引きこもり生活丸一年、うつ病と診断される。通院先の心ない医者達より「自分のほうがマシな医者になれる」と思ったボクは…。三十歳で医学部受験を決意するまでの迷いと挫折だらけの日々を描いた、ベストセラー『研修医純情物語』の原点。<Amazon説明文より>

その他、難病や逆境を乗り越えて目標を成し遂げた方の実話本を載せておきます。

1.『五体不満足 完全版 (講談社文庫) 乙武洋匡

先天性四肢切断(生まれつき両腕両脚がない)という障害→早稲田大学政治経済学部卒業→スポーツライター→小学校教諭



2.『私が弁護士になるまで菊間 千乃

早稲田大学法学部卒業→フジテレビアナウンサー→大宮法科大学院大学法務研究科修了→新司法試験合格→弁護士 



3.『全盲の弁護士 竹下義樹 竹下義樹

龍谷大学法学部卒業→点字六法全書もない状況から、司法試験の点字受験を実現させ、日本初の合格者となる→弁護士 ※本人著作ではなく、ノンフィクション作家が書いています。

 


4.『全盲の僕が弁護士になった理由 』 大胡田誠

12歳で視力を失いながらも弁護士を志し、8年の苦学を経て司法試験に合格。
町弁(町医者的弁護士)として深刻な悩みを抱える依頼者を支える一方で、全盲のパートナーと結婚。震災の最中に一児をもうけ、子育てにも奮闘する。

どんな逆境にあっても、人生を「楽しむ」ことを諦めない。そんな著者の生き方に迫る。困難と闘うすべての人に贈る、汗と涙の奮闘記<Amazon説明文より>。



こちらでも紹介していますので、参照してください。

挫折や人生のやり直しをかけて資格試験・受験に挑戦してきた人の紹介