社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



児童福祉に関心がある方にオススメの『夜回り先生』


ありがとう 』 水谷修



筆者は、「夜回り先生」と呼ばれながら、児童を対象とした薬物汚染の拡大や非行防止のために、深夜パトロールとメールや電話による相談を行い、講演活動で全国を駆け回っている水谷修さん。
花園大学客員教授としても就任されていらっしゃいます。

関わってきた子ども達の総数は、24万人を超えているとのこと。

私は、これまでに水谷先生の講演会に3回ほど出席したことがあり、著作サイン会の場面では、お話したこともあるくらい、水谷先生に私淑を受けてきました。

ありがとう 』は、これまでに数々の著作を書いてきた水谷先生の最新作です。

諸々の事情で、どん底に陥っていた子ども達10人が、再び笑顔を取り戻すまでの記録が載っています。

児童養護施設で暮らしている子ども達の描写が2ケースあり、児童福祉の道を望まれている方の参考にもなるでしょう。

水谷先生の著作の中では、学生時代に辛い経験を重ねてきた子ども達が、ヘルパーを取得してお年寄りと接する仕事に就いたり、保育士や教員になったエピソード等も書かれています。

「ありがとう」という言葉は、私達の心に潤いと活力を与えてくれますよね。
子ども達が抱えている心の声を聴きたい方や、夜回り先生の活動を知りたい方は、ぜひご覧になってみてください。

夜回り先生』(全9巻)マンガ版も発売しています。




夜回り先生 特別編 さよならが言えなくて (IKKI COMIX)