社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第37回社会福祉士試験・第27回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

試験中に同じ解答番号が連続で続いたらこう考える


 

「同じ番号が連続しているから、間違っているんじゃないか。
でも、問題を見直しても、その解答以外に考えられないし・・・どうしよう」


これから先待ち構えている様々な試験を受けている最中に、このような不安が脳裏によぎる瞬間が到来するかもしれません。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20171009131900j:plain

 

 


平成23年度の宅建試験中のことでした。


同じ解答が4連続で続いたため、不安と恐怖に襲われました。
  
問34~37が4連続で「1」の解答になったのです。

それだけでなく、問38~39が「2」で2連続、問40~43まで、「4」で4連続で続きました。

問34~43までが「1111224444」と、連番で続いたため、解答に自信が持てなくなったのです。



公式解答は、111122444です(1問だけ間違っていました)。

  
解答に絶対的な自信がないと、同じ番号が連続で3回続くだけで、「本当に合っているのだろうか」と、不安がよぎるものですが、4つも同じ数字が続くと、本当は合っているはずなのに、まるで不正解を選んでしまったような錯覚に陥ることがあるかもしれません。
  
そこで不安に負けずに、解答を変えるのは止めた方が良いでしょう。

現に平成23年度の例では、4連続「1」で正解でしたし、22、44と連番が続いていました。
  
どの試験においても「1点」で合否が左右するほど1点に重みがありますから、一時の不安や邪推に惑わされずに、自分の直感と、これまでの学習過程の結果、自分が選んだ解答を信じて提出してください。


もしかして試験製作者は、あえて連続で同じ番号を用意することで、受験者がしっかりと自分の解答を出せるか試しているのかもしれません。