社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



親が精神疾患を抱えている子の集まりを作った精神保健福祉士の取り組み

 

統合失調症などの精神疾患の当事者を持つ家族会というと、親や兄弟の立場での参加が多いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

2013年に「子」の立場から悩みを共有したり情報交換する場を神奈川県で立ち上げた方がいらっしゃいます。

加藤枝里さん、26歳で精神保健福祉士の資格を取得されています。

 

月に1回かながわ県民センターで開催されており、20代から30代までの若い年齢層の方々が参加されているようです。

 

加藤さんの実母が統合失調症を患っていて、就活の面接で、そのことを理由に不採用になったことが立ち上げの大きなきっかけになったそうです。

 

加藤さんの最終的な目標は何十年かかっても、このような会がなくなることだそうです。改めて場を設けなくても集まれる関係が築ける世の中になればいいと話されています。

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

公益財団法人全国精神保健福祉連合会の家族会の取り組みにおいても、子の立場の勉強会という機会は、東京と大阪のみで開かれていたようです。


加藤さんのような活動が取り上げられることで、潜在的にニーズを持っている方々が集えるような場が広がることを願います。