社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



生命保険の付帯サービスで社会福祉士が活躍しています。

 

保険会社の付帯サービスで社会福祉士が活躍する場が設けられているというニュースを知りました。

メットライフ生命の付帯サービスでは、ティーペックという健康支援サービスを行う会社と提携し、さまざまなサービスを提供しています。

 

挙げてみますと、「健診・人間ドックなんでも相談室」「セカンドオピニオンサービス」「ベストホスピタルネットワーク/受診手配・紹介サービス」「糖尿病総合サポートサービス」など多岐にわたっています。さらに最近、「仕事とガン治療の両立サポート」という新サービスが加わりました。

 仕事とがん治療の両立サポートでは、治療を行いながら、仕事を継続しようとするために、健康面で気を付けるべきアドバイスをしてくれたり、公的支援制度の説明や申請をサポートしてくれるほか、看護師、臨床心理士、社会福祉士などの専門家が、職場に理解してもらえるような伝え方のアドバイスも行っています。

 以前、産業ソーシャルワーカーという働く人間の介護離職を防止するための相談窓口として社会福祉士が担当している記事を紹介しましたが、社会福祉士の活躍の場がより身近のサービスに拡充している様子がうかがえます。