社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

試験終了後にマークミスや転記ミスの不安でいっぱいになっていたら その2


社会福祉士試験においてはマークミスだけは絶対に防ごうと全神経を集中して臨んだ私でしたが、まさかのありえないミスを残してしまったかもしれない不安に支配されたのです。



試験終了後になって、「マークシート上の消し忘れミス」を冒してしまった可能性に気がついたのです。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190204193811j:plain



 

どういうことかと申しますと、


「マークシートの余白に、問題の選択肢の番号を薄く書き残したまま提出してしまったかもしれない」

 

という不安に襲われたのです。

試験問題を解いていて、その場で解かなくて後回しにした問題を忘れないように、マークシートにチェックしておいたのですが、ラスト10分は切羽詰まっていて、自分が書いておいた数字を消すことをすっかり忘れていたような気がしてたまりませんでした。

 
そう思い返したのは、自己採点終了後、冷静になった夜のタイミングでした。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190204194320j:plain



 
じっとしていられなかった私は、睡眠もままらないまま翌朝試験センターに問い合わせしました。
 

余白に薄く書いても読み取りミスになって、採点不可能になることはないかを確認しました。
 

しかし、返ってきた答えは、


センターに解答用紙が集まっていないため、確認できないので、返事はいたしかねます



との至極当然の回答でした。

 
ここで引いては不安が残ったままなので、

 

1.過去に自分と同じようなケースで、採点不能になった人はいるか。

2.一ヶ月後にもう一度連絡したら、調べてもらえるか。

 

の2点を尋ねました。

期待もすぐに崩れることとなります。

 

1.「過去の前例は個人情報保護により、お答えできません。」
2.「申し訳ありませんが、後日こちらで調べることはできません」

 
というマニュアル的な対応でした。

 

結局、合格発表日まで真相は解りませんでした。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190204194607j:plain



蓋を開けて見れば杞憂だったわけですが、もしかしたら無意識的に消していたのかもしれませんし、書いてあったものの、問題なく読み取り機でひっかからなかったのかもしれません。
 
 

本試験では魔物が住んでいると、度重ねて拙ブログで発信してきましたが、試験前に自信があった人間でも、試験中は想定外にしないような展開を迎えるものです。



今回のように、まさかの初見問題の連続を受けると、平常心を保てないことから、マークミスや私のような凡ミスをおかしてしまったかもしれない恐怖が後に残るのです。

 

ここでお伝えいしたいことは、この6年間、「マークミスで自己採点と試験結果が驚くほど異なっていた」という声は聴いたことがありません。

 

その反面、不適切問題の発生や模範解答では間違っていたものの正答によって自己採点より数点アップして合格できたという話は毎年のように耳には入ってきます。

 

 

もう試験は終わりました。

人事を尽くして天命を待つとはよく言ったものです。


まずは健闘された自分をいたわって、これまで受験生活に傾注して頑張ってきた分、脳に休養を与えてあげてくださいね。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190204193943j:plain