社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第21回精神保健福祉士試験出題分析から第22回試験に備える


 

社会福祉士試験第31回問題分析記事に続き、今回は初の精神保健福祉士試験専門科目編ということで、直近の第21回試験はどうだったのか、そして第22回の試験構成の予想について触れたいと思います。

 

 

まず、「一つ選べ問題」と「二つ選べ問題」の構成です。

第21回試験、第20回試験ともに「1つ選べ問題」が67、「二つ選べ問題」が13問でした。
ちなみに「二つ選べ問題」の過去最多が第17回で、14問でした。

 

出題文の5肢については、第21回試験は文章問題(句読点がつく)は第20回試験と比べても微減(45→42問)しています。代わりに単語の数(例:扁桃体等)は第21回試験よりも微増(34→37問)しています。

 

専門科目全体の文字数は第20回試験比で微減(22,507→20,558字)しています。単語の数が微増している点が全体の文字数に影響しているようです。


以上を踏まえて、第21回、第20回試験ともに合格率が62%台で合格点が41と42点という僅差からしても、試験構成自体の大幅な変更はなく、恐らく第22回試験も踏襲された試験になる可能性が高いと推測しています。

問題集をしっかりと反復学習しながら単語の意味をしっかり覚えて、適切に使いこなせる応用力があれば、合格は難しくないと思われます。