社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

コンプレックスや不足感を原動力に絶対合格をつかみ取る。


 

言うまでもなく、社会福祉士国家試験の勉強に取り組まれているみなさん自身が実感されていると思われますが、「楽しい」と思われるよりも「辛い」「逃げたい」という苦痛が伴う時間の方が多いのではないでしょうか。

 

もしも受験生誰もが勉強が楽しくて依存してしまうくらい熱中できるものならば、合格率が30%弱の試験には収まらないですよね。

 

勉強が苦しくてたまらなくなった時、試験開始の合図とともに本試験で問題冊子を開いた時、諦めずに勉強を継続できた蓄積がパワーを発揮してくれますが、そのほかに、「コンプレックス」や「挫折感」という負の体験とも言える要素が底力を発揮してくれます。

 

これまで真剣に勉強に取り組んだ体験が一度もない。

全力で受けたのに「あと2点」で不合格になってしまった。

他の仲間達はみんな合格したのに、自分だけが取り残されてしまった。

 

上記のような筆舌に尽くしがたい絶望感や悔しさ、不足感を一度や二度どころか長い間経験されている方こそ、「今年こそは絶対合格力」をつかみ取ることができます。

 

なぜそう言えるかと言えば、まず第一に私自身がまさにそうだったからです。


資格取得を目指した当時は、非正規職員の不安定な身で、自分の生き方に自信が持てなかった中、確かな結果を得たかったことと、資格を得ることで人生を転換することを渇望していたという事情がありました。

 

試験の三か月前、社会福祉士演習の実習中だったのですが、当時付き合っていた恋人から「国家試験(しかも同じ社会福祉士試験受験)に集中したいから別れてほしい」と告げられて、自分の力だけではどうにもならない無気力感にもさいなまれていました。

 

9年間の絶対合格ブログ歴史上で人生を変えるために、一念発起して絶対合格を果たされた勇者達を何十人、何百人と目にしてきました。

 

次に、悔しさや不足感がなぜ底力になるかと言うと、「このままの自分ではいけない。自分を変えたい」という起爆剤にもなるからです。

 

 

社会福祉士試験のような国家試験で「現状維持」を選んだ瞬間に合格が遠のいてしまいます。

 

それは、自分のふがいなさから目を背けて、復習をほとんどしない、「また明日やればいいや」「また来年受ければいいや」と、楽な方を進もうとしているからです。

 

その道を進み続けた先に、合格率30%弱にエントリーできるかどうかと言えばそうではないわけですよね。

 

「それでも勉強をする」という苦行をあえて選ぶだけの理由として、「このままではいけない」「見返したい」という挫折体験や絶望体験がものすごい力となって、真価を発揮できる可能性が高まるのです。

 

 

あの悔しさをバネに、またはこれまで楽を選んできた自分を変えたい、自分らしく生きたいという原動力を魂に宿しながら、長丁場の本試験を乗り越えていきましょうね。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20210228164104j:plain