社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

国家試験の受験勉強は犠牲が必要ですが、結果は後でついていきます。


 

これまで何度も話題にしていますが、合格率30%弱の社会福祉士国家試験を合格するためには、ただ単に問題集を丸暗記しただけでは困難です。

 

普通の勉強をしただけでは受からないのが試験の本質ですが、合格率上位30%入りするためには、犠牲が必要になってきます。

 

受験勉強上での犠牲と言うと、「時間」のことを指しますが、娯楽に使っていた時間等を後回しにして、勉強に傾注させる必要があるということです。

 

勉強だけに向き合う時間を作ることは苦痛が伴いますが、他のことを切り捨ててまで一転集中することで、絶対合格への覚悟と不退転の決意が固まっていきます。

 

この覚悟があるのかないかというのは、単なる根性論ではなくて、本試験で合否を分ける底力を発揮できる源にもつながっています。

 

どれだけ苦しくても、絶対合格を果たして自分に打ち克ちたい、進化したいという思いが強ければ強いほど、長時間の本番試験で1点、2点を左右させるくらい勝負強さを発揮してくれます。

 

今我慢していることも、来年に結果さえ出ればまた解禁できますし、離れてみて初めて気づくこともあるものです。

これだけ勉強できる期間も人生のうちにそうないので、今の苦労は長い目で見ればあっという間の期間だったりするものです。

 

 

そうは言っても、リベンジ受験生のみなさんにとって、覚悟がなかったから悔しい思いを味わったと揶揄しているわけではありません。

 

むしろ、その悔しさを誰よりも五臓六腑で体感しているあなた様だからこそ、本気であった証ですし、今年こそは絶対に結果が伴うと信じています。

 

もちろん前回受かりたかったという思いは痛いほどわかりますが、毎年70%の方が悔しい思いを経験されている国家試験です。

 

今回再び受けられるチャンスを得られたのならば、今回こそは前年度よりも覚悟と絶対合格力がパワーアップして勝利をつかめるはずです。

 

受験には犠牲がつきものとは言いましたが、勉強一辺倒だと煮詰まってしまうことも多々あるでしょう。

 

心の余裕を維持するためにも、みなさんなりにリラックスするような方法や時間を捻出しながら、長丁場の受験生活をメンテナンスしていきましょうね。

 

そうすることで、人生のスケジュール管理がうまくなり、自分にとって不要なもの、欠かせないものを再認識させることができます。

 

覚悟を持って取り組むことで、受験勉強のメリットを身近なところで実感できるようになるはずです。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20201227185914j:plain