社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。2021年からは第5回公認心理師試験対策も扱い始めました。

初回受験の方は「一発合格のための必勝法」を、再受験のには、「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

20代の新卒見込みで社会福祉士・精神保健福祉士試験に臨まれる方へ。


 

社会福祉士・精神保健福祉士試験新卒見込みの受験生の中には、是が非でも合格を勝ち取る必要があるプレッシャーと闘い続けている方もいるでしょう。

 

同級生が一斉に受験される中、自分だけが敗北するわけにはいけない心理であったり、2万円もの受験料、合格前提の就職先が決まっていることから、絶対合格の4文字が重くのしかかっている状況なのかもしれません。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20171112111253j:plain

 

近年の試験問題は、実務に伴った事例問題が目立つため、社会人経験がない自分は不利だと気後れしてしまう方もいるかもしれません。

 

社会福祉士も精神保健福祉士試験も、この1〜4年間学んだことを紙面上で発揮できれば結果が表れる試験構成です。



新卒生だから絶対的に不利と言うことはありません。

 


私の受験会場だった早稲田大学には、当時20代前半だと思われる若い学生が溢れかえっていました。


合格者平均年齢が35歳前後の宅建試験の受験層とは異なった光景でした。


第33回試験結果を見ると、30歳までの年齢層が約半分の47.6%を占めています。

※第32回試験は48.2%でした。



二人に一人が20代の受験層で、不利だと言える要素がありません。

 

若さゆえの柔軟性と記憶力の良さ、そして試験に耐久できる体力は、本番でアドバンテージとも言えます。

 

30代の私からしても、20代の記憶力や順応性というものは自分にはなくて羨ましいと感じるほどです。


コロナ禍の影響で、キャンパスで学べる機会は激減し、同級生らと切磋琢磨しながら受験に取り組めるような状況ではないかもしれませんが、現役で学業に取り組まれている習慣がある中、受験に臨めることはメリットです。



取得目的がしっかりしている受験生ならば、結果ものおずとついてくるはずです。


150問、18科目群と合格率だけに着目して諦めないでください。

 

実際の試験問題は、最後まで粘り続けた者が受かるようになっています。


学生生活の集大成として、合格と卒業証書を同時にゲットしましょうね。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161109205950j:plain