社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第34回社会福祉士試験・第24回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

「あと1点」で立ち直れない苦しみの最中におられる方に。


 



この画像は、遡ること十数年前、私が大学生活最後の春に受検した漢検準1級試験結果です。 




合格まであと1点」 



この無慈悲な現実を目の当たりにした時に、私はあまりにものショックでその場に崩れ落ちました。 


自宅のPCの前で、インターネット合否判定でその結果を知ったわけですが、それから2週間後くらいまでの記憶はほとんど残っていません。 



よほどショックが大きくて、その反動から記憶からその期間が抹消されてしまったのかもしれません。 




-shared-img-thumb-PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322_TP_V


ただ唯一覚えているのは、不合格を受けたその1時間後に、胸部に激しい痛みが生じて、自分では動けないくらいの異変に我慢できず、家族の力を借りて救急外来に運ばれていったことです。 


レントゲンを撮った後の診断結果は異常なしでしたが、極度の心的ストレスが要因だと言われ、精神安定剤を処方されました。 


私はその薬名と、医師の処置を受けて、ますますふがいなさと絶望感が広がりました。 


-shared-img-thumb-PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V



当時私は、漢検準1級にすべてをかけていました。 



それまでの半生を振り返っても、誰かに誇れるような実績は何一つありませんでした。 

私は何よりも、「これだけは頑張った」という証を大学生活中に刻みたかったという強い念が芽生えていたのです。 


漢検に受かったところで、就職先が保証されるわけでもなければ、女性にモテるようになるわけでもありません。 


傍から見れば、単なる自己満足の世界と評されてもおかしくはなかったと思います。 



それでも、私にとっては自分の中の可能性を信じて、未知なる挑戦を続けられたことが肝心でした。

 


ずっと大変なことから逃げて来た自分を鍛え直すことが出来た漢検

なんとしても結果を残したかった一心でした。 



しかし、現実は非情です。

力足りずに、あと1点足らずで不合格に散ったのです。 


後に残るのは後悔の二文字。



もしもあと1問正解していれば。

もしもあの時、消しゴムであの答えを消していなければ。
 


どうすることもできませんが、やるせなくて仕方がありませんでした。 



次第に、自分を見失って行き、不合格の烙印を前にして、 


やっぱり勉強嫌いで苦手の自分にはレベルが高すぎたのかもしれない。 


という、虚脱感、自己卑下の念に何度も苛まれました。 


何度も何度も自問自答を続けた私ですが、やはり時間薬という言葉があるように、次第に気持ちが落ち着いて新しい気持ちが芽生えてきました。


まだ挑戦は終わりを迎えていない。

生きている限り、また次に挑戦できる。



不合格からしばらくの時間が経ち、私は再起動を誓いました。 


-shared-img-thumb-ppp_ikirtatusuzume_TP_V

 

堕ちるところまで堕ちたら、後は這い上がるだけで、ここまでやってきたのだから、合格するまでは諦められないと切り替えられるようになったのかもしれません。 

200点中の159点、限りなく合格に近いラインにまで到達していることを認められたのです。

0からのスタートよりもアドバンテージがあるわけです。

後は+αの知識を付け加えるだけ。

「ここで諦めたらもったいない」という世間の声のように、私の中ではここで諦めるという選択肢はあり得ませんでした。



葛藤の末、それまで沈んでいた自分が嘘かのように、「こうなったら、圧倒的勉強量で9割合格してやろう!!」という半端ない気合がみなぎってきました。 


気持ちが冷めないうちに過去4年分の問題集を追加購入して、次こそは絶対合格をスローガンに本番を迎えました。 



そして、その次の試験で、念願のリベンジ合格を果たせました。 



精神保健福祉士・社会福祉士試験合格発表日から数日が経ちましたが、7割の方が悔しい思いをされたこの試験で、不合格のショックから立ち直れない、気持ちを切り替えられないという方も潜在的にかなりいらっしゃると想像しています。

 

「あと1点だったのに」という声も複数届いています。

 

一人一人に家族があり、職場があり、将来の希望があっての背景が浮かんできただけに、無念の一言です。

 

たった数日くらいでは気持ちを切り替えられなくてもなんらおかしくはありません。 

人生が懸かっているからこそ、本気で向き合っている証です。


私自身も不合格のショックというものを幾度となく経験しているので、痛いほどその気持ちが伝わってきます。 


「自分だけ取り残されてしまった」という孤独感や疎外感にうちひしがれている方もいるかもしれません。



みなさんとは置かれている環境も試験を目指された目的も将来のビジョンも、試験の価値も当時の私とは異なっていることは百も承知です。

 


ですが、挑戦をされたみなさんに伝えさせていただかずにはいられませんでした。


私は漢検だけではなくて、他試験も含めてたくさんの試験を一発では結果を出せない経験を重ねてきました。


あの思い出したくもないような経験があったからこそ、新しい試験に挑戦する度に、能う限りの力を入れて臨んでいます。


そして、もしも不合格をあれだけ経験していなかったら、このブログは今日まで続けてこられませんでした。 


おかげでこの文章を発信することが出来て、みなさんに今ご覧いただけているというご縁を感じています。

 

福祉の現場に身を投じて10年が経ちますが、この世界で関わる人々は、人生につまずいてきたり、不遇な目に遭ってきたりして、生きることに希望を見出せずに暗中模索されている方が少なくはありません。

 

誰にもわかってもらえない苦しみを抱え込んでいて、心を閉ざしている方や疑心暗鬼のまなざしをむき出しにされることも一度や二度ではありません。

 

そんな多様な生き方を抱えておられる方と向き合う上で、「思い通りにならなかった経験」と「そこから乗り越えてきた経験」がある方は、光を分けられるような存在となり得る可能性が高くなります。

 

順風満帆に生きてきた人間などいませんが、四苦八苦されながらも必死に生きてきた軌跡は、必ずや自分だけではなくて誰かの役に立てる時が訪れます。

 

みなさんの蒔いた種は、たとえその瞬間が今ではないとしても、冬を越えて開花する時が必ずやってくると信じて止みません。


その思いを胸に、新しい一歩を踏み出せる時が訪れるように来年こそは絶対合格ブログの歴史を刻んてまいります。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20200318204806j:plain