社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第25回ケアマネ試験の合格点が気になって仕方がなかったら。


 

第25回ケアマネ試験が終了してから1週間が経とうとしていますが、受験されたみなさんにつきましては、どのような心境でいらっしゃるのかと想像しています。

 

下記の記事がこの1週間アクセス上位であることからも、自己採点結果が思ったより芳しくなかった方や、ボーダーに位置する方が多いのではないかと感じています。

 

 

 

 

みなさんにとって、最も関心があることは、今回の合格点が何点になるのかについてですよね。

 

きらッコノートさんでは、合格点についてこのように見解を述べています。

 

介護支援分野17点、保健医療福祉サービス分野25点、合計して42点が合格ラインになるのではないでしょうか。

 

例年よりも試験難易度が低いという受験生の感想が多いことから、合格点が上がるという予測を立てられています。

 

実際に合格点がどのようになるのか、ボーダーに位置される方にとってみれば1点の重みを痛感している最中だと思いますが、こればかりは合格発表当日になってみないと分かりません。

 

合格率をどの程度に収めるのか、ケアマネは年によって(都道府県によって)マチマチです。昨年度は第20回試験以降の合格率20%超だったため、今回は下がるのかどうかと気にされる方もおられるかもしれませんが、本当に当日にならないと分かりません。

 

合格発表日までは針のむしろのような日々が続くかもしれませんが、忍耐の末に最高の結末が訪れますように、ひたすら願っています。