社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第37回社会福祉士試験・第27回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

6月に入りましたが、資格試験勉強の不安が止まらなくなったら。


 

精神保健福祉士や社会福祉士国家試験をはじめて受験する方だけではなくて、再受験する方にとってもつきものなのは、「不安」という二文字です。 


奮い立たせるために、 


「絶対に自分は合格するんだ!」 


と、鼓舞しようとしても、 


「もし本番が上手くいかなかったらどうしよう」という不安は、誰しもが脳裏によぎるものです。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170601131919j:plain

  

 

新カリキュラムに変わることで、もしかしたら、次回も100点以上取らないと受からないんじゃないかと思うと、今から気が気でないかもしれません。

全部で150問もの膨大な出題数、精神保健福祉士専門科目の場合は、覚えにくい用語のオンパレードで、プレッシャーが半端ない。 
 
それ以前に受験そのものが受けられなくなってしまったらどうしようかと思ったら、勉強をする気力さえ失ってしまうかもしれません。


ここで共通しているのは、不安の正体は、「未知なる未来」であることですよね。

自分が傷つかないために、防衛的な働きとして、想像が膨らんで、「もしも・・・」を描いてしまうのは至極当然です。 


社会福祉士試験含めて、試験慣れしている私(数十回)でも、初めて試験に立ち向かうにあたって、不安はつきものです。 
 
毎回ですが、自己採点で合格ラインを超えていたとしても、マークミスや転記ミスがあったらどうしようかと、合格通知が届く瞬間まで安心はできませんでした。

私は一例ですが、絶対合格ブログの歴代の合格者を見ても、発表のその日まで不安を抱えているものです。 

 
そう考えると、不安は誰しもが不可避で、合格発表日まで向き合って行くものなのです。

合格した先人達は、不安を抱え続けていても、やるべきことを継続的にこなしていて、本番に最善を尽くしていました。
 

それでは、このとめどない不安に打ち克つためにはどうすれば良いのでしょうか。
 
 
勉強をすること、そこで自信をつけることに尽きます。
 
 
量をこなすこと、繰り返すること、そんなシンプルな行動の連続で不安は少しずつ薄れていくはずです。
 
 
何もしない時間や、具体的な行動を起こしていない時ほど、想像力に駆られて、不安のループに陥りがちです。
 

そうは言っても、勉強を続けているからこそ生じる不安もあるでしょう。

学習は思い通りに捗ることばかりではありませんし、仕事や家庭との両立でうまく行かずにメンタルを崩しがちになることも多々あるでしょう。
 
不安に耐えきれなくなったら、信頼できる誰かに吐露して心をメンテナンスしていくことも大切です。 


本試験当日までは、メンタル面のキープが大切になってきます。
 
そのためにこのブログが存在しているとも言えます。
 
絶対合格ファミリーのみなさんの不安の不をふっ飛ばして、安心に変えられるようなブログをこれからも心がけていくことが私の使命です。
 

ともに長丁場を乗り越しましょう。
 
 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190602183917j:plain

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20190602183831j:plain