社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



試験問題一つ一つが全部正しく思えてくる

問題集を開いて、初めて何らかの問題を目にした時に、このような錯覚に陥ったことはないでしょうか。


何が間違っているの?全部正しく見えるんだけど。



知識が備わっていない状態では、初見問題の5肢を眺めてみると、どれが正解なのか判断できないのが自然です。


これは、正確な知識を蓄えることでクリアできる問題ですが、いざ本試験でこのような現象が再び訪れる可能性が高いです。


練りに練った試験問題が冊子に印字されていると、全てが正しく思えてくる。

「~があった」という風に断言されると、本当にそう思えてくる。

どうやってこの中から一つだけに絞ればいいんだ。



思考がショートしてしまい、迷宮入りしてしまったような不安感から、すっかり精神をやられてしまわないように願いたいです。


忘れないでください。

5つのうち4つは誤りなのです。


印字された文字の羅列を見ると、どれももっともらしく見えてきますが、必ず不正解が紛れ込んでいます。


こんな時に大切なのは、受験勉強で培った正確な知識と、勘。


特に、直感が、いざという局面で自分を助けてくれます。


よく、初対面の人間に対して、第一印象から、「この人は何となくいい感じの人だ」と判断して、実際そうであることが多いケースのように、最後の最後は、自分が「これだ!」と思える道を選ぶ方が、間違いは少ないように思われます。


ぱっと見て、


なんかこれが合っている気がするorこれは違う気がする


このような感覚は、実際に正しい場合が多いです。


時間が限られた全150問もの社会福祉士試験においては、確実に、瞬時に判断できるスピーディさが不可欠になってきます。


広義で言えば、この本試験では、物事の本質を見抜く力を求められているのかもしれません。


この世の中、テレビを見ても、会社を眺めても、言葉巧みに自分たちにとって都合の良いように、もっともらしく言葉を固めて自己保身に走ったり、運営を進めている人間がいかに多いことか。


そんな人間に振り回されずに、正しい知識を持って社会人として生き抜いていける力も培えるのかもしれません。


道に迷ったら、直感に頼ることを私はオススメします。