社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

私の取り組み紹介とその意図


社会福祉士試験の話題とは別に、定期的にブログで公開しているのですが、私は資格ブログの他にも、この4月に開設12年を迎えた主サイトを運営しています。

今回は、年度が切り替わったことから、改めて私の活動軌跡をざっと説明していきたいと思います。

私がオンラインの世界で展開している活動は、人生を模索していて、自信がない方々の支援をすることです。

当初は私自身が10代に恋愛につまずいてきた経験をもとに、精神浄化作用のために、コラムを書いたり、似た境遇に置かれている方々のために相談の場を設けて、うまくいかない恋愛をテーマにスタートしました。

しかしながら、ある時期から読者様から、「恋愛以外の作品も書いて欲しい」というリクエストがぼちぼち届くようになり、何もかもが想定外だった私が暗黒時代と振り返る大学時代の体験談を書いたり、友達がいなくて孤独な人生を送っている方々へのメッセージも手がけるようになりました。

平成23年度には、宅建社会福祉士資格といった国家資格を取得したことから、このブログのように、受験生のメンタルサポートにも力をいれるようになりました。

そのため最近では、恋愛の枠にとどまらずに、様々な生きづらさを抱える方や、将来を暗中模索されている方々からの声が寄せられるようになりました。

これまで承ってきた相談件数は、覚えているだけで2500件を超えていて、今年に入ってからは、100件以上寄せられています。

加えて相談の中身も変化しており、400文字を超える長文内容や、「助けて!」「死にたいくらい辛い」というSOSの声が目立つようになりました。


私自身10年近く続けてきた活動ですが、本音を言えば、いくどとなく辞めようと弱気に陥ったことがありました。

ボランティアとして善意で始めた行為ですが、責任を感じるようになり、その重圧を隠せなくなるようになってきたからです。


もう無理かもしれない。
なんと返したら良いかわからない。


何度も限界に押し潰されそうになりながらも、私はドロップアウトできませんでした。

私を必要としてくれて、支えてくれる方々がいる限り、投げ出すことを選べなかったのです。


ピンチはチャンスでもあります。


試行錯誤を重ねるうちに、確かにメールという文字媒介形態では限界があるかもしれないけど、だったら直接オフラインの世界で向き合うやり方はどうだろうか。

大きな壁にぶつかったことで初めて見えた新しい着想でした。

そこから、オフ会を関東・東海地方で行い、新しい可能性を見出すことができました。

この記事をご覧のみなさんも、受験にしろ仕事にしろ、何らかの試練を日々感じながら一生懸命生活していることだと察します。

以前も言いましたが、私自身が順風満帆な半生を送ってこなかったからこそ、不器用なりに必死に生きている姿をサイトやブログ、相談対応に反映しています。

たとえ不合格になったとしても、人生が思うように進まずに苦しんでいても、みなさんは一人ではない。

諦めない限り、やり直しはできるんだ。


私という一人の生き様を開示することで、「世の中には変わったヤツがいて、頭も良くなかったし、人間関係がうまくいかないさえない過去を持っていても、やればなんとかなるもんなんだな」とやる気スイッチをオンに切り替わるきっかけとなることを目標に、日々活動を続けています。