社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

ノートは必要かどうか


社会福祉士の受験勉強において、ノートの是非について質問を受けることがあります。

結論から言えば、人それぞれなので一概には断言できませんが、私の場合で言えば、ノートは作成しました。

ただして「見て覚える」ためにではなくて、書いて書いて書きまくって覚えるためでした。


私の勉強の覚え方の基本は、ノートに「正しい型」を書いて覚えるやり方でした。

前置きとしていきなりノートに書き始めるやり方ではなくて、まずは1分野のカリキュラム(出題)をざっと目で確認してから、最初に戻って解き始めてひっかかった問題、頻出ポイントを抽出して書き始めます。

まずは、全体に目を通してのやり方の方が、ぼんやりと全体像が浮かんできて、後々インプットされやすくなるからです。


よく、教科書にマーカーをして、「視て覚える」やり方を実践される受験生も多いですが、私の場合は、とにかく手を動かして書くやり方でした。


何度も何度も書いて覚える、「書きなぐり式」として、ノートを下地に使っていました。


ecb8a1f3.jpg




私は、一度書いたらノートを振り返ることはありませんでした。

あくまでも、使い捨て感覚です。

重要キーワードや、間違えた選択肢を中心に、とにかく書きまくりました。
特に間違えやすかったり、図で覚えようとする場合は、青色ペンを使って区分けしました。

勉強のやり方は十人十色ですが、時間に余裕があって、整理整頓しながらじっくり学習したい方にはオススメです。

一方、私がオススメするノートの取り方して、「学習記録ノート」が挙げられます。

どういうことかというと、次のような書き方です。

4月18日

1時間勉強した。

問題集 P120~128
現代社会と福祉



上記のように、自分がその日に学習した過程を、端的に記録する方法です。

もっと深めるのならば、一日の目標と学習を終えての達成度を書くこと、
苦手問題、翌日以降の目標等を加える手もあります。

辛かった。
思うように進まなかった。
全問正解した。嬉しい。


といった感情をダイレクトに書くことで、モチベーションを維持しやすくなるメリットもあります。

スケジュール帳等に継続して書き続けることで、学習管理+メンタル管理がセルフコントロールできます。

中には、受験当日に御守り代わりに会場に持ち込んで、本番直前に見直す方もいらっしゃるようです。

「自分はこれだけ頑張った。だから落ちるわけがない」

という具合に、学習記録を振り返って自分を鼓舞するわけです。


興味を持った今日からでも、試しにどうぞお試しください。


資格の合否は「ノート」で決まる!』 横溝 慎一郎著



ノートやそれにともなう文房具の具体的活用法を中心に、過去問重要性についても触れている作品です。

LEC行政書士講座担当の横溝氏は、2000年に約1ヶ月の勉強で行政書士試験に合格、2008年に一週間の勉強で宅建に合格しています。

メーカー製品を多数ピックアップしていて、イラストや写真つきで視覚的に説明しているため分かりやすい作りになっています。