社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第34回社会福祉士試験・第24回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

社会福祉士国試ナビ2014年版の発売予定日は


社会福祉士試験受験生にとって毎年好評である『社会福祉士国試ナビ2014年版の刊行は、平成25年7月25日頃の予定とのことです。

筆者である伊東氏のブログにて書かれていました。

伊東氏は記事の中で初めて第25回本試験を振り返っていて、以下のような見解を述べています。


>近年の社会福祉士試験は、時代を反映してか「つかみどころのない」「意地の悪い」試験になってきています。

>受験の準備、本番の試験時の作戦に失敗するとかなりきつい試験になってきたと思います。。。

>しかし、5割の得点で合格するので、作戦さえしっかり立てれば、「合格」するのは難しくないとも言えます。



問題傾向が2年連続で変化していて、問題集には載っていないような時事問題やマニアックな問題が如実になってきている本試験ですが、5割の得点でも合格できるという基準ラインがポイントでもあります。

伊東氏が指摘しているように、合格のための戦略を練って、しっかりと力をつけて臨めば、近年の本試験でも合格は難しくはないことは合格者の背中が物語っています。

伊東氏の記事のリンクはこちらから。