社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

ネット上で飛び交う情報に不安になったら


試験終了前も後も共通していますが、試験内容や合格点が明らかではないために、ネット上では匿名性を良いことに毎年のように合格ラインや合格率に関する噂が流れていますが、その情報が事実であることはありません。

私は社会福祉士ブログの他にも宅建ブログも運営していますが、過去6年間の動向を見ている限りでは、同じように合格ライン情報が錯綜する傾向があります。

合格ラインが初めから決まっている絶対評価試験とは異なり、受験生全体の出来具合で決まる相対評価試験の特徴かもしれません。


宅建試験の場合は、10月中旬に試験があり、12月上旬に合格発表が待っているのですが、11月に入ると合格判定会議の噂が飛び交うようになります。

試験運営側で、その年の合格基準点、合格率について、11月中旬頃に判定する会議らしいのですが、その時期になると、「会議が終わりました。今年のボーダーは50点中38点です」というような、関係者を装ったような根も葉もない情報が飛び交うようになります。

ちなみに、宅建試験の場合は、過去最高合格ラインが36点(7割)なので、ありえないような点数です。


とても巧妙な書き出しで、あたかも関係者リークであるかのような内容ですが、その情報が事実である可能性は100%ありません。合格発表日までに、ネット上で合格ラインが漏えいすることはあり得ないです。


ボーダー上で不安の最中にいる受験者の反応を楽しんで投稿しているようです。  


実際のボーダーや合格率は、試験発表日までは分かりません。


今年度の場合で言うならば、「去年の試験難易度が例年に戻ってしまったため、第25回試験当時のような合格率20%以下にもっていく試験難易度に作り上げる」とか、「合格点を基準である本来の90点(6割)に固定するという情報を入手した」というような声があったとしても、想像の領域なので、真に受けないでくださいね。

名称独占資格業務独占資格に変革させる前兆として合格点を上げて合格率を下げるという声も、少数ながら毎年流れています。


今は見えない試験内容や基準に焦点を当てるのではなく、目の前の問題を一問でも確実に解いて行きましょうね。