社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

学習にノートが必要かどうか


☆ノートを作るかどうか

私は書いて覚えるタイプなので、選択肢別の正しい型を覚えるために、精読+手で書いて覚えました。

そのために、A4サイズのノートにひたすら書きましたが、4周目あたりになっても間違ったキーワードや、「これは覚えておきたい」という語句は、直接問題集に書き込みました。

書き方について、私は「キレイに書こう」、「レイアウトよく書こう」という美的意識はそれほどなかったので、殴り書きのようにひたすら書きました。

ですから、自分の学習成果を確認するためや、まとめノートとしては使いませんでした。

当初は、直接問題集に書き込むと、訂正できないし、また使う時に支障が生じてしまう心配もありましたが、杞憂でした。

開いてすぐに目に入るので、記しておいた重要キーワードが記憶に残りやすかったです。