社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

七転八倒リベンジ受験


なんで私が東大に!?



一時期流行った四谷学院のフレーズです。


いわゆる勉強がさほど得意ではなかった生徒が、四谷学院で一生懸命勉強することで、難関大学に合格できたという実体験が用意されています。



5年前までの私は、まさにこのキャッチコピーとは真逆の心理でした。



なんで、私が不合格に!?



シスアド、英検、食生活アドバイザー検定、宅建と、受ける試験が立て続けに不合格となり、完全に停滞期に突入していました。



私は、なんで自分が不合格になるのかの要因を認めることができずに、試験を変えては同じ結末を繰り返してきました。



勉強不足、勉強法が間違っていた。



これ以上もこれ以下もない理由から、目を背けていたのです。


何度も不合格が続くと、この先、一生合格なんて出来ないのではないか、そもそも勉強が得意ではない自分が受けること自体が間違っているのではないかという歪んだ気持ちに支配されるようになりました。


まさに負のスパイラルです。


何度も諦めようとして、勉強から離れたこともありましたが、結局また戻ってきたのです。




一回で見切りをつけるのも自由ですが、どうしても諦めきれない念が残っているのならば、そこには大切なメッセージが秘められているのかもしれません。



私は宅建試験に合格後、それまでが嘘だったかのように10以上の資格を連続して取得することができました。


まるで失われた不合格時代の穴埋めをするように。



かの有名な発明家であるトーマス・エジソンはこう言いました。




私たちの最大の弱点は諦めることにある。


成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。






今が上手くいかないからといって、この先もずっと不調が続くとは限りません。




今求められるのは、どれだけ本気になれるではないでしょうか。