社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

努力の仕方について見つめ直せる作品



自分はこれだけ努力をしているのに、結果が伴わない。

そんな時に努力の仕方について考え直せる2作を紹介します。




「惜しい努力」で終わらせない思考法 午堂登紀雄

 



「自分はこんなに努力しているのに、どうして結果だ出ないんだ」と、嘆いている方にヒントとなる考え方を示してくれています。

本書では、物事の本質を見極めて、惜しい努力から抜け出すための方法が散りばめられています。

勉強につまずいている人だけではなく、仕事にやりがいを感じられなくて、やる気を失っている人や、フリーター、派遣社員ニートなどにまつわる諸問題の見方についても言及しています。


私が印象に残った部分は、第五章の「フリーターが日本を救う?」というトピックで、

つまらないと思えば、どんな仕事もつまらないですが、「どうすればもっと早くラクに確実にうまくいくんだろう?」と考えながら取り組むと、驚くほど学べるものです。<P184>

という記述です。

受験勉強における復習や、苦手科目を淡々とこなすのは苦痛が伴ったり、やる気が起きなくなるものですが、少しでも楽に取り組めるような発想を持って取り組むと、脳への定着率が大きく変化します。

本書を通して、物事の常識や生き方について考え直す良い材料になると思います。




 諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない  為末 大


努力の仕方を見つめ直すためのヒントが書かれています。

世の中には努力だけではどうにもならないことがあり、それを自分で見極めることの大切さが説かれています。