社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

心理学検定について



今回は「日本心理学諸学会連合認定」の心理学検定について取り上げました。


私がこの資格を知ったのは、ブログ読者様のコメントからでした。


日本大学心理学科等の卒業レベルの心理学的知識・能力を測る試験のようです。

年に1回の試験で、2008年より開始して、のべ8回行われています。

第9回試験は8月21日(日)に実施されます。



以下試験概要です。

申し込み期間 5月21日〜6月21日


【受検料・個人申込みの場合】

3科目以内  6,480円
6科目以内  8,640円
8科目以内  10,800円


【試験内容】

A領域 : 原理・研究法・歴史 / 学習・認知・知覚 / 発達・教育 / 社会・感情・性格 / 臨床・障害
B領域 : 神経・生理 / 統計・測定・評価 / 産業・組織 / 健康・福祉 / 犯罪・非行

特1級 A領域の5科目、B領域の5科目の10科目すべてに合格(申請が必要です)
1級  A領域の4科目を含む合計6科目に合格
2級  A領域の2科目を含む合計3科目に合格


日本心理学会「認定心理士」の資格所有者は優遇措置として、A領域3科目を合格すれば自動的に「心理学検定1級」が取得できます。

【出題形式】

問題はすべて4肢選択問題で、各科目から20問が出題されます。全科目合計、200問からなります。

【受検要件】

受検は、誰でもできます。
心理学部や心理学科の所属や卒業に関係なく、希望するすべての人に受検資格があります。


参照統計

第8回試験申込者は4,188人で、8年連続で増加しています。

1級 653人(17.8%)
2級 1028人(28%)

公式ページ


  
心理学検定 公式問題集 2016年度