社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

社会福祉士国家試験合格者の声から分かる過去問の重要性


ネット上で発見した、社会福祉士合格ゼミ作成の「第21回社会福祉士国家試験合格者にお聞きします」投票結果を紹介します。

全376名が回答しています。

問1は、「いつ頃から勉強をスタートしたか」です。

1位10月
2位9月
3位11月
4位8月
5位1年以上前



という結果で、秋季の10月から開始された方が最も多い結果だったようです。

実習や就職活動が落ち着いてくるのがこのくらいの時期だからでしょうか。

実際に、mixiYAHOO!知恵袋ツイッター、ブログ、周囲の受験生達の話をみても、10~11月くらいから開始された方が確かに多かったです。

次に、注目すべきは、「問3 お勧めの参考書は(他)」「問5 あなたの勉強方法は?」「問6 お勧め勉強法(その他)」の3項目です。

いずれも1位の投票結果が「過去問」が挙げられています。

第21回は、旧カリキュラム最終回で、合格点85点(不適切なし)、合格率29.1 %の回でした。
第22回以降は新カリキュラムに移行して科目数も増えましたが、出題傾向からしても、過去問の重要性は変わっていません。

合格者の中で最も支持されている勉強法として、「過去問を繰り返す」反復学習方法を勧められている点は、当ブログで私が実践した学習スタイルに共通しています。

学習法、開始時期に迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。