社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

本試験まであと七ヶ月です。<受験の手引きについて>



まもなく7月に入って、本格的な夏シーズンが到来します。

大学受験生達にとっては、天王山とも言われている夏期ですが、社会福祉士本試験を受験する方にとっても、いつもとは違った気持ちの夏になるでしょう。

大学生のみなさんにとっては、前期試験、実習、就活などで繁忙期にあたるかもしれません。


毎日暑くて暑くて滅入ってしまうのに、試験まで七ヶ月もあるんだから、受験勉強はまだいいや


こんな調子で先延ばしにされる受験生もいらっしゃることでしょう。

実際に秋になってから本格的に勉強を開始される方が多いので、「夏に勉強しないと落ちる」などと、強迫観念に駆られる必要はありません。

ただし、この時期から毎日少しずつでも学習を重ねていくと、本番でも地力を発揮できるようになるでしょう。
勉強に手をつけている人間が少ないからこそ、差がつく夏なのです。


ここで、試験日を確認してみましょう。

平成25年1月27日(日曜日)

です。


7月下旬になると、試験センターのHP上にて、「受験の手引き(願書)」を請求できるようになります。


120619_193855

写真は、第24回受験時に私が請求した受験の手引きです。
A4サイズ全80ページ構成で、青色のカバーでした。


この受験の手引きを請求することで、初めて受験を意識する方もいらっしゃるでしょう。

8月3日以降に、ヤマト運輸メール便または宅急便にて発送されるとのことです。

平成22年度までは1部につき送料込みで600円だったようですが、平成23年度は無料だったので、恐らく平成24年度も同様だと思われます。



受験の手引きにつきましては、詳細が分かる7月下旬以降に再度記事を書きます。