社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



精神保健福祉士試験における過去の追加合格処置について

前回取り上げた追加合格発表は社会福祉士試験だけではなくて、平成14年度第5回精神保健福祉士国家試験においても、追加合格処置が施されました。

 

 

受験者数

9039名

合格者数

5670名

追加合格者数

129名

合格率

64.2%

合格点 

総合 160点中97点 専門 80点中49点



なんとこの追加合格処置が発表されたのは、その年の12月10日でした。

一般の方からの指摘で、不適切問題が1問発表されたようです。

正答なしという形で全員加点になりました。


129名が追加合格という結果になったようです。


参照:第5回精神保健福祉士国家試験の合格発表(追加)について



精神保健福祉士試験の追加合格処置は、後にも先にもその回だけのようです。



追記

私が受けた第24回社会福祉士国家試験において、合格発表日にこのような珍事もありました。


1.概要
  平成24年1月29日に実施した第24回社会福祉士国家試験において、受験者1名の座席間違い及び受験番号の誤記入があったことが判明したため、別紙のとおり合格者受験番号の訂正を行います。
これに伴い、参考に公表している合格者の内訳について訂正いたします。

2.原因
・ 試験当日、当該受験者は欠席者の座席に間違えて着席し、さらに、前回(第23回)の社会福祉士国家試験における受験番号を誤って記入した。
・ 試験室の監督員は、写真照合や受験票の確認を行ったが、受験票が前回のものであることや氏名の間違いに気がつかなかった。

3.対応
・ 座席を間違えて着席した受験者を合格とし、欠席した受験者の合格を取り消しました。
・ 厚生労働省から、社会福祉士国家試験の実施機関である公益財団法人社会福祉振興・試験センター(以下「試験センター」という。)に対して再発防止策を講じるよう指示し、試験センターにおいては、次回(第25回)の社会福祉士国家試験から、監督員の巡回時、氏名・写真確認の徹底や監督員が確認しやすい受験票への改善などを講じる予定です。 

参照:第24回社会福祉士国家試験における合格者受験番号の訂正について