社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



水谷先生の残した言葉から10年が経ち








君のやっていることはキケンだぞ。





2005年、私がサイトでの活動を開始して1年が経過した頃、「夜回り先生」の名で有名な、水谷修さんの著書サイン会に参列したことがありました。



早いもので、あれから10年が経ちましたが、短い時間ながら、今でも水谷先生と会話した時のことが鮮明に残っています。

私の原点回帰とも言える出来事であったからです。


当時、20代前半の大学生だった自分は、他者の為に命を懸けてまで尽力されている水谷先生ならば、私の活動を理解してくれるのではないかという期待を込めて備えていました。


微力ながらも、生きることを苦しんでいる人々の一助になれるように日々模索している人間はここにもいます。


そう伝えたい思いで参列しました。


私は水谷先生と話す番がやってきた時、気持ちの昂ぶりを抑えて最初に告げた内容はこうでした。


「私は今、自分のホームページを通して、明日に悩み、行き場を失っている方たちを支えられるような活動を続けています」

   
そしてその後に、


「私も少しでも世の中の苦しんでいる人たちのための力になり、水谷先生のように社会貢献するつもりです」


と伝えるつもりでした。



しかし、私の発言を遮って先生がおっしゃったのが、


  
君のやっていることはキケンだぞ。




の第一声でした。




私は予想外の反応に言葉を失い、閉口する他ありませんでした。
 


水谷先生はこう続きました。



インターネットを通じて追い詰められた若者たちが集まり、苦しみを語り合うのは非常にキケンだ。


そこに救いは存在しないし、彼らの心の闇を救ってあげられるのは素人では至極困難だ。


自分もホームページを運営していた手前よくわかるが、傍から見れば実際あたかも一人で相談者たちと向き合っているように見えるだろうが、バックには精神科医の全面的な指導と連携のもと活動しているんだ。


だから、素人が彼らに手を差し伸べるのは非常に難しい。下手すればミイラ取りがミイラになってしまうよ。キケンを冒さずに苦しくなったら彼らをオレのところに送ってくれ。




というものでした。(先生の言葉を私が自分なりに要約したものです)
     


私は返す言葉が見つからず、思っても見ない返答に、黙ってその言葉をかみ締める他ありませんでした。
   

サインを書き終えてもらい、何とも言えない気分でその場を立ち去ろうとしたところ、
   


無理するなよ。


と、最後の言葉を送ってくれました。





当時、水谷先生ならば、自分のやっていることを理解してくれて、励ましの言葉をかけてもらえるという期待がありましたが、今だからこそ、先生がおっしゃっていた言葉の意味と、その重みをひしひしと感じています。


自分の弱みをや、誰にも話せない過去をさらけ出して、救いを求めてくれる人々に、本気で向き合わなければならない。

中には精神疾患を抱えていたり、幼少時代からDVを受け続けてきた方もいらっしゃいました。


私の対応によって、相手をますます追いつめてしまうリスクも兼ね備えているため、慎重に向き合ってきました。


そこには責任という二文字がついて回ったのです。


4000名を超える相談者様と接してきた中で、私は、後悔、反省、ふがいなさ、力不足を幾度となく痛感してきました。


あなたの言っていることは難しすぎて分かりません。

もっと自分を認めてほしかったのに。もういいです。

後は自分でどうにかします。さようなら。


1年間やり取りを続けてきた大学生が最後に残したその言葉は今でも脳裏をよぎります。


彼が求めてきたのは、自分の行為の正当性の同調でしたが、あえて私は突き放したのです。



最期にあなたに出会えてよかった。もう努力してもどうにもならない現実を知りました。

死ぬ決意ができました。さようなら。


という高校生の書き込みや、


恋人どころか友達すらいなくて、正規職員でもない自分には夢も希望もない。

生きる資格もない。




もう文字を媒介した相談援助は限界なのかもしれない。


その都度、無気力感とやるせなさに支配されて、「何のために自分は続けているのか」「何が正しいのか」という、堂々巡りの自問自答を数えきれないくらい繰り返してきました。


ただの自己満足、偽善行為なんじゃないかという疑念も幾度となく付きまといました。

正直、この10年の中で、もうこれ以上独りで抱え込むのは限界なんじゃないかという気持ちに陥ることも何度もありました。


-shared-img-thumb-N912_ahirucyanpin_TP_V











友人、知人は、私の取り組みを聴いて、



「そんなに無理して自分が潰れてしまったらもっともこもないよ」


と異口同音に警告されました。



君のやっていることはキケンだぞ。



水谷先生のあの言葉がしきりに反芻します。







それでも、私はドロップアウトできませんでした。


-shared-img-thumb-CKL_tachiagerumi-acat_TP_V











私は無力かもしれない。


私の言葉で傷つけてしまうかもしれない。


それでも、続けてこられたのは、こんな自分を必要としてくれる人がいて、その先に、「ありがとう」が返ってくるからです。


このブログで出逢った人間の言葉も影響しています。


第25回社会福祉士試験合格祝賀会を東京で開催した帰り道で、一人の新卒生が最後にこう残してくれました。



水谷先生とTAKA氏さんのエピソード、非常に共感できました。



※2013年の2月にも今回の記事を掲載しました。



僕も以前悩み相談ブログを開いて、そのことを母校に講師として来てくれた水谷先生に話したら、同じようなことを言われました。

そして、それ以上ブログを続けることは出来ませんでした。

今回祝賀会に参加したのも、TAKA氏さんが包み隠さず水谷先生との出来事を話してくれたからこそ、参加したいし、TAKA氏と話したいと思いました。


私は自分のしてきたことが決して間違いではなかったと思えた瞬間でした。



煩悩の末、私は文字中心のやり取りから、個々人のエンパワーメントを高めるきっかけ作りにシフトしていくようになりました。

水谷先生はたびたび講演会の中で、現代の若者の精神が荒んでしまう一因になっているのは、インターネットの世界でのコミュニケーションが深刻化しているからであることを指摘されています。


身近な世界の人間にSOSを言えずに、こうして第三者に投げかけてくる方が確かに存在します。


メールで自分の本音を開示していただいたことをプラスに捉え、リアルタイムの世界でまた一歩踏み出せるように支援を続けてきた私ですが、メール特有の感情の機微が伝わりづらかったり、意図していることが伝わりにくいデメリットもしばしば経験しているため、2012年からはメール援助はあくまでも補助的な扱いにとどめる視点に切り替えています。


この10年、一人で活動してきたつもりでしたが、気が付けば私を支えてくれる同志や、師匠とも呼べる存在達が傍にいました。


定期的に開催しているオフ会等で、かつてやり取りしたことがある方々と直接対面して、努力して生きている姿を目の当たりにすると、


「やっぱり自分は続けていきたい」という決意が強くなりました。


オフ会で知り合った方とは戦友のような存在で、窮地に立たされた時にいつも思い出します。



もちろんこのブログで出逢った過去の合格者や受験生のみなさんの存在も大きな支えになっています。

一人一人のコメントや各投票、体験談のメッセージを拝見していると、一度お話ししてみたいと感じる方がいらっしゃるくらい感銘を受けています。


みなさんが3月15日に社会福祉士試験に合格された後、協働できるような機会があれば素晴らしいと思いますし、その日が訪れることを楽しみにしています。


資格取得の有無を問わずとも、これから一緒にこのブログを盛り上げて行くための活動や企画立案に協力したいという熱い気持ちをお持ちの方はいつでも私に連絡ください。

例:私の住んでいる場所や知っている場所でオススメのご利益スポットがあるから紹介したい。
例:こんな企画を用意したら喜んでくれる方が多いのではないかという提案。



色々な企画をリアルタイムでも仕掛けるための構想もしているので、力になってくださる方がいると絶対合格ブログは更に盛り上がります。

やり取りをして信頼できそうな方であれば、直接お逢いして話を交わしたいと思っています(近場であれば)。


投稿フォームツイッターのダイレクトメッセージでも待っています。
 

bsPPW_ahirutoumou



















インターネット・セラピーへの招待―心理療法の新しい世界
 



メールカウンセリング―その理論・技法の習得と実際




インターネットの中で、「E-mail」によるメールカウンセリングを用いて、心理技法を活用されている事例から、構成されています。問題点、課題、効果、可能性、技法等が書かれており、メール相談を続けてきた私自身も参考になりました。