読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



精神・社会福祉士試験合格者からの受験応援メッセージ【その2】

1月9日から募集している社会福祉士・精神保健福祉士試験の歴代合格者メッセージ」を掲載いたします。


今回は第2回目になります。

お二人とも資格を取得後に、社会福祉士として第一線でご活躍をされているだけに、受験時代については熱い思いを語ってくださっています。


1月23日までは募集しておりますので、精神または社会福祉士試験合格者のみなさんは是非下記記事をご覧の上寄贈くださいませ。

 

 

 

riiiさんより


社会福祉士試験合格者

 

受験生の皆様へ
 
試験が2週間後を切った今、受験生の皆様は不安で押し潰されそうな方や、精神的にギリギリの状態で頑張っている方が沢山いらっしゃるかと思います。
私も1年前は、そのうちの1人でした。
 
孤独な戦いに、時には自分の弱さに負けそうになったこともあるかもしれません。ですが、乗り越えてここまで来たことに自信を持ってほしいです。あるいは、今まさに弱気で自分自身に負けそうになっている方、まだ諦めるのは早いです!今までの努力は、必ず味方をしてくれます。運も大きい要素になります。だから、何があっても試験を受ける前から諦めないで下さい。
 
ここで少し、試験当日の過ごし方について体験談をお伝えします。
私の場合、会場は国際展示場でした。知人から、会場はかなり寒いという話を伺っていたので、外でも過ごせるような完全防備の状態で望みました。(暖房がきいて暑くなることも想定して、脱ぐことで調節出来るような格好です)
そして、1番の心配がトイレでした。普段から比較的トイレが近い方の私は、もし試験中にトイレへ行きたくなり、試験に集中出来なくなったらどうしよう?という不安が強く、その不安を解消するためにあることをしてみました。それは、パンツとしてリハパンを履く!です。(笑)
当日は水分調節をしたので、もちろんリハパンが使用済状態になることはありませんでしたが(笑)

もしも、トイレを我慢して試験に集中出来なくなるくらいなら、オムツにしてしまえ!というのが私の作戦でした。
会場の女性用トイレは、かなり混んでいたので、並んでいるうちに休憩時間が終わってしまい、結局トイレに入れなかった方も居たようです。このことからも、リハパンを履いておくのは悪く無い作戦かと思います。気になる方は是非お試し下さいませ(笑)
 
さて、応援メッセージに戻ります。
どんなに寒い冬でも春となるように、努力の先に必ず花は咲くと、私は信じています。ここまで努力を重ねてこられた皆様ですから、きっと大丈夫。どうか最後まで自分のことを信じて、自分なら出来る!と、言い聞かせながら、試験までの残りの日々を有効活用して下さい。皆様の勝利を心から祈っています!!
絶対合格!!!!!

 

 

 

 

もとやんさんより

 

社会福祉士試験合格者

 

いよいよ本番直前期となり、今まで頑張ってきた成果を出すときが来ました。
例えば模試等で良い結果が出せなかった方、ややもするとモチベーションを下げがちですが、まだまだチャンスは必ずあります。
模試で及第点一度も取れなかった自分が、合格できたのですから・・・。

それには最後の追い込みで何をやるかで、合否が決まるといっても過言ではないと思います。そこでは敢えて手を広げず、基本に戻ることだと思います。そして周囲に流されず、しっかりと現状に向き合い、自分がやるべき事を着実にこなして、残された時間でできる限りを尽くして下さい。

さらに1週間前、1日前、試験当日と確認すべきものをスケジュール化しておけば、焦らずに済むと思います。決して諦めないで下さい。この瞬間にも、本番に向けて多くの人が必死に努力をしています。

試験後に「もっと勉強すれば良かった・・・」と思う余地がないほど頑張れば、きっと未来の自分に合格を届けることができると思います。

異業種で20数年営業一筋の自分でしたが、社会福祉士国家試験合格を掴み取るため、人生のなかの一瞬だけ死力を尽くした結果、現在福祉職に従事しています。
遅まきながら、ようやく夢叶いました。次は今回受験される方々へ『合格』の吉報が届くこと、お祈り申し上げます。そして最後に、今まで頑張ってきた自分を信じましょう!

 
願!絶対合格!!