読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



大の勉強嫌いの私が資格試験に合格するノウハウを編み出した背景には その5【大学時代】

 

時間は流れて、大学2年の夏休みに入る直前に、リクルートに就職したOBによる在校生向け就活フォーラムがありました。 

 

2年生の段階では卒業後に就職をするという選択肢は具体的にイメージしにくくて、企業研究等もしていませんでしたが、初めて就職活動を意識するきっかけになったこの説明会が私を変えるターニングポイントになりました。

 

 


母校から一流企業のリクルートに就職できた時点で、そもそも才能が違うエリートだからだと冷めた目で見ていましたが、そのOBが話してくださったセリフが胸に反響したのです。



大学生活には二通りあります。


一つは、何も残さないまま卒業してしまう人間。


大半の学生はこの部類に当て嵌まります。


二つ目は、大学時代に何かを残せた人間です。


この「何か」を見つけて努力できた人は、就職した後も強い。忍耐強く、自分に自信を持っているから、ちょっとやそっとの苦難ではめげないからです。


みなさんは、これからの大学生活2年間の中で、これだけは頑張ったと言える何かを残してください。 



入学後、OBがかけてくれたこの言葉ほど強く心に響くものはありませんでした。 


このまま行けば間違えなく自分は前者のパターンになってしまう。 


こんな自分でも腐らずに何かに挑戦したい。 



たった一度の出逢いで人生が大きく変動することがあるというのは本やドラマの絵空事だと思っていましたが、他でもない私自身の心に熱い気持ちがこみ上げてきました。 

 


この瞬間から、胸の奥に錆びついていた秒針が動き始めました。 

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170325200414j:plain



それからの私は、2週間後に入学後初のアルバイトを開始して、社会と接点をつなぐことで自堕落な生活リズムを変えて行きました。 

自分の行動次第で人生を再構築することは出来る。


未知なる世界に足を踏み込むことには不安や恐怖が先立って行動を抑制したくなるものですが、こんな自分でもアルバイトを継続することが出来て、社会に必要とされる人間と認めてもらえた経験によって、忘れていた向上心を蘇らせてもらえたのです。

 

もっと自分を試したい。


大学3年次になると、資格道のスタートラインである漢検2級受検を決意しました。 


◆ 資格の登竜門として漢検2級を選んだ理由は 


なぜ漢検2級を目指したかについてですが、一つは自分が文学部に在学しているという関連性から、一般教養を深めるためという理由でした。

 

就職を意識した時に、履歴書に漢検2級と書くことで付加価値が高まるのではないかというねらいもありました。

 

しかしながら一番の理由は、中学時代に3級を受けて不合格になったあの苦い過去を払拭したいという気持ちが強かったのです。 


漢字博士と言う小学時代の栄光にすがったまま受検したものの、同級生の中で自分だけが不合格になってしまったあの出来事です。 


「見返したい」と言う表現は的確ではないのかもしれませんが、「自分はこんなものではない」悔しい無念を2級合格で晴らしたい気持ちでいっぱいでした。 


高校時代のような一ヶ月未満の短期勝負ではなくて、人生初めての継続的な試験勉強に着手しました。 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170325201309j:plain

 

生まれて初めて一ヶ月以上毎日欠かさず取り組みながら挑んだ漢検2級は、合格でした。


合格証書を目視した時、「本当に受かったんだなー」という実感が湧きました。


当時は漢検協会の雑誌に合格者の名前が掲載されていたため、自分の名前を確認できた時には、感動しました。


やればできるんだ。


漢検に合格した自分は、初めて実力が形となった喜びを覚えました。


この後、漢検準1級挑戦へと繋がって行きます。


私にとっては、漢検2級合格がその後の資格を目指す上での原点でした。


私は大学入学後、自分の力不足から恥をかいたり、無力感を多々味わってきたことから、自分を変えるために資格挑戦を目指しました。


「資格を取ってなんの価値があるのか」

「就職に役に立たないのなら受けても意味がない」

漢検2級なんて高卒レベルだし、社会的に見ても価値はない」


なんて外野の声も多いですが、私は漢検2級に合格できたおかげで、少しだけ自信がつきました。


学内では成績が悪かった私でも、この合格によって周りの見る目も変わりました。


合格をすることで、それまで考えもしなかったようなチャレンジ精神が芽生えたり、新しい自分に巡り合えます。


例えば、私の場合、漢検2級の勉強をしている最中は、漢検準1級を目指そうという着想は全くありませんでした。



まず、漢検準1級に挑戦している自分が想像できませんでしたし、ありえないからと先入観を持っていたために、志す気持ちが皆無でした。

2014年には漢字教育士の資格を取得しました。

漢字教育を世間に普及するための漢検協会主催の生涯学習ネットワークに所属して、漢検サポーターとしても活動している日々です。

もし、「漢検2級なんて何の役にも立たないし、時間と金の無駄」と切り捨てていたら、この資格道は存在していなかったでしょうし、今日のブログも誕生していなかったでしょう。

点と点は繋がっているのです。

 

その後20以上の資格試験を受けていると、ある一つの法則に気がつくことになります。

 

「資格試験は出るところから出るように作られている」

 

中学時代に通っていた学習塾の講師から教わった勉強のコツのように、あらゆる資格試験に共通している原理原則であることを身をもって知ることになりました。

 

全てに共通している勉強ツールとして「過去問」が取り上げられます。

 

漢検も、英検も、秘書検も、宅建も、福祉住環境コーディネーターも、メンタルヘルス・マネジメント検定も、社会福祉士も、精神保健福祉士も、FP技能士も、全て過去問一冊を応用することで合格を見出だせることに成功しました。

 

過去問は通用しなくなった。過去問は役に立たないという声は毎年のように聴かれますが、いつの時代になっても過去問の有用性は変わらないというのが私の見解です。

 

実体験に基づく過去問の活用法は今後ブログで紹介していきたいと思います。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170325202549j:plain

 


小さな成功体験が夢の一歩につながります。


社会福祉士合格後に、FPやケアマネジャー、社会保険労務士を目指される方も少なくはありません。


また、介護福祉士試験を経てから社会福祉士試験合格へとステップアップされる方もおられます。

一口に受験と言っても、色んな道があるのが資格道の醍醐味です。


私の体験から、

「資格を目指すのに早いとか遅いとか、頭が悪いから無理とかはない。まずはやってみよう。続けてみよう」



という、気持ちが少しでも芽生えたならば、私はみなさんの目標に向かって伴走させていただきます。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170325230746j:plain