社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



助けてくださいの声に対して

助けてください!

誰にも言えずにずっと苦しんでいますが、もう限界です。



私のもとには年間を通して、このようなSOSの生声が多数寄せられています。


どうせ周りの人間は誰も助けてくれない。
私は幸せになってはいけないんだ。




このような絶望と同時に湧き上がる


このままではいけない。
過去と今から脱却したい!



という生きる希望が交錯しながら、悶々とした日々を過ごされている様子が伝わってきます。


みなさんに共通しているのは、優しくて、他人思いで、自分の力で何とか乗り越えようと一生懸命である純粋な心の持ち主であること。

会社や学校で接する人間の前では、自分の弱みを見せないように平然を装っているため、その反動が家に帰った後に襲ってくるようです。


このように、心の叫びを自分で抱え込んだまま、消化できずに苦しみ続けている方は少なくはない実態がひしひしと伝わってきます。

孤立化して明日を見失っている方に対してなにができるか。

きっとソーシャルワークの世界に身を投じている方は、そういう視点に立たれていることでしょう。

一人でできることには限界がありますが、一人一人がSOSのサインを見逃さずに、まずは人として相手の叫びに耳を傾ければそれだけで救われる方が相当数いると思います。


この記事をご覧になっている方は、他者思いで誰かの幸せのために日々努力を重ねている方々だと想像します。

社会福祉士や他資格を受験されて将来の可能性を広げようとされている方だからこそそう言えます。


そういう温かい人間が世の中には必ずいる。
諦めてはもったいないと伝えるために、SOSの声に応えていきます。