社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



クリスマスには受験勉強を

12月24日、25日は言わずと知れたクリスマスの2日間です。


世の中では、カップル達が幸せな時間を過ごすための特別な期間というイメージが蔓延していますが、来年の1月下旬に社会福祉士国家試験を控えた受験生のみなさんからすれば、クリスマス気分どころではないかもしれません。



私は受験当時のクリスマスの夜は、社会福祉士試験の勉強をしていました。


もちろん、当時恋人がいないというのもありましたが、世間がクリスマスムード一色だからこそ、あえて勉強量を増やして、邪念をかき消したい思いもありました。



私の場合、なぜかこのイブとクリスマスは頓に勉強がはかどりました。


世の中が浮かれている中、自分は勉強して合格を目指して努力しているスタンスの自己陶酔に浸っていたのかもしれません。



当時の恋人とちょうど別れた直後で、別れる直前の一言が糧になっていたのかもしれません。



社会福祉士試験に専念するから、これから会ったり、連絡できなくなると思う」



元恋人も社会福祉士受験を志す一人でしたが、別れた後、見返したいという思いがバネになりました。



もし、この2日間誰かと過ごすご予定がない方は、あえて受験勉強に集中されることをオススメします。



ここで馬力を入れることで、本番の合否を分ける1点、2点につながるかもしれません。


来年には、頑張れたご褒美に、合格証書という一足遅れたサンタクロースのプレゼントが届きますよ。