社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



科目ごとのリンクをつなぐことでややこしいキーワードを整理する

社会福祉士全18科目は、単独内容ではなく、科目同士でつながっている分野が多数存在します。


例えば、専門科目の「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」に見られます。

「相談援助の理論と方法」科目の第19回問題113の「社会福祉援助技術のアプローチに関する適切な記述」に登場するパールマンやリードについては、「相談援助の基盤と専門職」科目の第19回問題3の「アメリカのソーシャルワークの歴史について答える問題」と第21回問題111の「ケースワーク理論の正しい記述」についても登場します。

現代社会と福祉」科目にも言えますが、ケースワークの学者名や理論を時系列的に覚えるのは大変な作業ですが、ここを上手く整理してインプットできると、本試験で有利に活かせます。

そこで、問題集の科目ごとに共通して登場する人物名やケースワーク理論に気づいたら、その選択肢や出題ページに、「○○○ページ・問題○・肢○」というふうにペン書きしておけば、復習時に理解が捗ります。

一例を挙げると、

P206・問題7・肢4

という具合に、その人物やキーワードが書かれている問題集のページ・出題・選択肢を記しておくのです。
そして、リンク先のページ内にも、リンクのもとページを記載しておけば、関連事項としての相互リンクが結べます。


関連事項をリンクすることで、要点整理に効率的ですし、頻出・重要キーワードであることが一目瞭然に分かります。

社会福祉士本試験では、学者名とソーシャルワーク理論をごっちゃ混ぜにして繰り返し出題されているので、少しでも楽に覚える工夫として、このようにリンクをつながる作業は効果的なのです。