社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



試験というものは合格発表当日になってみないと分からないこともある


3日連続でお届けしました第25〜27回までの合格発表当日の瞬間は、まさに感動でた。



合格発表を確認した直後にご報告くださった方、仕事の合間に確認して、帰宅してから書き込んでくださった方など、それぞれのタイミングだったので、臨場感が溢れるものになりました。

中でもひとしおだったものが、「自己採点では合格基準以下だったのに、合格していた」という逆転の声です。

毎年のように重なるのは、正答は蓋を開けてみないと分からないということなのですよね。


合格点ジャストで合格という結末も、自己採点では諦めていたものの、大逆転勝利を収めたという結末もあり得るのが試験というものです。


第27回試験では88点という想定外の展開でしたが、第25回試験でも150点中75点以下という多くの方が予想しない結果が待っていました。

同じ「もしかして」を予想するならば、「この点数になったおかげで合格できた」と振り返りたいですよね。




もう既に合格点も合格率も正答も合否も定まっている頃でしょう。

果たして今年はどのような結末が待っているのかはあと5日で判明します。

一人でも多くの方に満開の桜が広がってほしい。


願うことしか出来ませんが、あれだけ努力を重ねられたみなさんの笑顔の瞬間をイメージングし続けます。