社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



名刺に書いた「社会福祉士」のネームバリューから



最近の私は異業種交流会等に足を運んだ際に、絶対合格計画ブログ用の名刺をお渡ししているのですが、 開口一番「社会福祉士って知っています」というリアクションが多々あることから時代の変化を感じています。

それも福祉業界に携わっているような人間ではなくて、IT業界や個人事業主の方からのお言葉です。



ブログ開設当初の2012年からオフラインでの交流の場では、出会う人々に「社会福祉士」をアピールしているのですが、 「???」という反応が常でした。

私の知人の放課後等デイサービス事業者の方がおっしゃっていましたが、保護者の方や関連事業の従業員に社会福祉士精神保健福祉士の名前を印字した名刺を渡すと、「社会福祉士をお持ちなのですね!」というレスポンスが返ってくることがしばしばあるようでした。

まだまだ同業界でも取得者は少ないようで、事業主が取得しているのもあって、驚かれることも珍しくはないようです。

福祉系資格の最難関という認知度があるようで、資格の強みを名刺交換の場面で感じることがるという生声でした。


さて、6月1日にマイナビニュースのインタビューで、「気になる社会人にインタビュー! 第30回:社会福祉士に聞いてみた10のコト!」というインタビューのもと、現役の男性社会福祉士が高校生に向けて社会福祉士の実態について答えられています。

その方は地域包括支援センターで働かれていらっしゃって、高齢者福祉に沿った業務内容を説明されています。

ご興味がある方はぜひご覧になってみてください。

気になる社会人にインタビュー! 第30回:社会福祉士に聞いてみた10のコト!