社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士や精神保健福祉士試験を目指す理由を見失っていたら


はっきり言って、何のために社会福祉士を目指しているのかがわからない。



こんな風に漠然とした思いを抱えながら、社会福祉士試験を受験される方は意外に多いようです。



福祉学科(コース)に入学したから、

福祉職ならば転職がしやすいから、

専門職っていう響きがかっこいいから、


なんとなくが理由で受験を目指すと、あまりにも受験科目が多くて気持ちが滅入ってしまうという場合も少なくはないでしょう。


または、最初はやる気満々だったのに、あまりにも勉強が大変で、目的を見失っている方もいらっしゃるかもしれません。


社会福祉士に受かっても、お祝い金をもらえるわけじゃないし、職に就けるわけないし、必ずしも必要じゃないし。



「できない理由」「やらない理由」を並べる歯止めがきかなくなるものです。



そして、そのまま不合格コース一直線に進んでしまう危険性が高くなります。



社会福祉士合格の意義、それはぜひ生で体感していただきたいです。




第28回本試験に合格された先輩たちは、それぞれの新しい夢に向けて前進しています。


資格を取って終わりではなくて、次なる目標を掲げて取り組まれています。


合格を成し遂げなければ築けない進路です。


もしも勇気があるならば、実際に社会福祉士精神保健福祉士として社会で働かれている諸先輩のもとに訪問してその実態を聴いてみてみませんか。

身近にそんな人間はいないという方も、文明の利器でネットで検索すれば、インタビューや活動サイト等が見つかって、それぞれの働きぶりが目に入るでしょう。

そのような先人の姿を見て、今の自分がどう感じるかを大切にしてみてください。

そこから未来へとつないでいきます。


◎参考書籍