社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



私の社会福祉士実習記録 その2

希望通りの社会福祉協議会に実習が決まった私ですが、想定外の展開が待っていました。

新年を迎えて、実習開始まであと8ヶ月というタイミングに一本の電話がかかってきました。

まさに寝耳に水の内容でした。

実習担当者の都合で、実習期間を変更して欲しいとのこと。

着実に実習課題をまとめていて、あとは事前訪問をするのみだった矢先に、意表を突く発言でした。

私は職場の都合もあったので、実習期間を変えることは選べませんでした。
よって、辞退せざるを得ない状態に立たされました。

結局、この時期になってまた一から実習先施設を探すことになったのです。

どこの施設も実習が開始する数ヶ月前なのに、受け入れてくれる施設なんてあるのだろうか、しかも、希望している児童福祉施設で……。

悪条件の中、最悪なイメージしか浮かびませんでしたが、これまた運が良いことに、間もなく受け入れ先が見つかりました。

本来ならば受け入れ時期ではなかったのに、福祉の精神がダイレクトに伝わってきました。

紆余曲折ありましたが、実習開始の年になって、ようやく実習先が確定した私でした。