社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

国家試験では前進あるのみは危険です。


前進あるのみ。

 


資格試験においても、人生全般においても、どんなに辛いことがあってもただ前を向いていくことの大切さを凝縮した言葉です。

 

過去を振り返らず、つまずいても立ち上がって前に進んでいけるような強い人間でありたいと、何度も自分に言い聞かせてきました。

 

過去はもう終わったこと、どれだけ思い煩悩を抱えても、そこから解決策が見出だせることはない。

 

終わったことにいじいじしないで、未来にだけ目を向けて生きていこう。

 

私は過去を引きずる瞬間が多々訪れるので、そうおまじないのように何度も言い聞かせることがしばしばあります。

 

 


しかしながら、殊、社会福祉士本試験においては、前進あるのみ思考は、危険な一面も兼ね備えていました。

 

そう、分かったつもりになることです。

 


サイクルにまとめるとこんな感じです。



スタート:覚える



「正解している!よしこれで覚えたぞ」

↓一日後再度眺めて見ると・・・・・・


不正解。しかも昨日まで覚えていたはずのキーワードも頭から抜けている。


↓モチベーション低下


試験への焦りが募る



 

新しく吸収する知識の大半は、翌日や数時間後ともなると忘れてしまいっているのです。


この分かったつもりとの継続バトルに打ち勝てるかどうかが、合否に影響すると言っても過言ではありません。


社会福祉士だけではなくて、全ての試験に共通している闘いです。


人間の脳は忘れるように作られている。


この大原則から目を逸らしてはなりません。


脳と記憶の有名な実験として、「エビングハウス忘却曲線」という実験結果について触れたいと思います。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが記憶がどのくらいのスピードで忘れられていくのかを実験して数値化しました。

その結果をグラフ化したのがエビングハウス忘却曲線です。

この実験結果から、

20分後に42%、

1時間後に56%、

1日後に74%

1週間後に77%

1ヶ月後に79%

が忘れてしまうという結果が出ました。


そして、この忘れる事を前提とした記憶サイクルの流れを返るために必要なのが、復習なのです。


忘れることは当たり前、けれども、復習することで記憶を定着出来る。

復習ナシでは「覚える」ことは出来ないのです。


復習は辛い、後戻りしてまたやり直す作業は面白く無いというのが本音でしょうし、果たして本当に合格に近づいているのか不安になる時も訪れるでしょう。

 

その苦しみを味わっているのは実力が身についてきている証。

 

今苦しみを心で受け止められれば、この後が楽になります。