社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験は辛いのが当たり前 その2

私のように勉強に打ち込めない、なかなか集中できないという受験生にとっては、なまじ自分を追い込むようなやり方を実践しても、心が折れてしまうのではないかと考えてしまいます。

勉強の習慣がついていない人間にとって、最初から3~4時間勉強のノルマは過酷過ぎます。

仮に一日だけなんとかこなせても、二日目以降ガス欠してしまうのではないかと考えます。

それでは、本末転倒です。

まずは、5分でもいい、とにかくできるだけ毎日数問問題集を解いてみることを続けていけば、徐々にステップアップして、勉強を自然にこなせるようになるのです。

そもそも、社会福祉士国家試験は、毎日我武者羅にひたすら勉強するよりも、スキマ時間等も使いながらこまめにちょくちょく問題を見直して、正しい型を記憶にインプットするやり方の方が、自信がない人間にとっては、楽だし結果もついてくると思います。





この記事を読んだ方の中で、「お前の考え方は甘すぎる」というご指摘を受けることも覚悟しています。

万人受けの有益な情報を提供することは不可能でしょうが、一人でも合格を勝ち取るための手段として、何かを感じてお役に立てればそれだけで十分です。

ここまで、まとめていて再認識しましたが、私は、優秀ではないかもしれないけれど一生懸命な方、勉強が思うように進まずにやる気が出なくて、なんとかしたい方のためにブログを書き続けているようです。