社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

受験は辛いのが当たり前 その3


正直、「受験は辛い」という気持ちは、常につきまといました。

宅建にしても、社会福祉士にしても、勉強している時間は、楽よりも、苦痛に感じる割合の方が圧倒的に多かったです。

何度書いても覚えられない人名や、歴史順。

「なんて自分は物覚えが悪くて、馬鹿なんだろう」と、一日に10回以上は木霊しました。



それでも、何とか結果は出ました。

正直、この合格は、運に左右されたものもかなり大きいと自覚していますが、それも実力のうちだと思っています。

81点だろうが90点だろうが、合格ラインに入って受かればいいんです。

私の考えとこのブログの根本は、そこから作られています。

私の同級生で、「8割以上取れなければ、たとえ合格しても、価値がない」と、真顔で力説してきた人もいました。

私は、そういう考えもアリだと思います。

自分を厳しく律せられて、高得点を獲得できる受験生は、私から見て尊敬に値します。


ただし、上には上がいるので、出来る人間と比較しすぎると、自分を失ってモチベーションが下がってしまいまいます。

このブログは、これまで8割以上の高得点を取るための勉強術指南ではなく、6割を確保できるためのテクニック・アドバイスにスポットを当てて、書いてきました。

自身の経験から、勉強に自信がなくても、達成を遂げることは不可能ではない。
どんなに頭が悪くて、勉強が嫌いと自覚している人間でも、諦めずに、必要限の努力を重ねれば、遅かれ早かれ合格できる。

この一点を伝えるために、今日まで発信してきました。

7割はハードルが高いかもしれないけれども、6割ならこんな自分でも何とかなるかもしれない。


勉強嫌いで一ヶ月ちょいしか勉強していないこんな弱い自分でも、6割の合格ラインならば何とかなりました。
もしも、ボーダーが7割ならば、間違いなく落ちていました。

気が弱い私のことですから、最初から7割以上が合格という、最低標準値がわかっていたら、そもそも受験を志していなかったかもしれません。


「6割ならなんとかなる」

この自己暗示を欠かさないでください。


150点中の90点です。

それどころか、19科目新試験以降のボーダー見ても、81点~85点でも、合格圏内なのです。

事実、社会福祉士国家試験は90点以下でも、受かる試験なのです。

試験改正により、次回から合格ラインが90点以上になる。

こんな信憑性のない噂は何年も前から蔓延っていたようです。

根拠のないボーダー説を鵜呑みにせず、やるべきことをやれば結果に繋がります。

二桁ならば何とかなりそうな気がしませんか?




私と直接やり取りを希望される方は、メールフォームからご連絡ください(全ての内容にお答えできるかは保証できませんが、ブログの趣旨に沿っていれば、返信いたします)。

一人での勉強は「辛」いかもしれませんが、ブログを通してお力添えすることで、「幸」に変わる瞬間があれば何よりです。

停滞していたみなさんが、少しでもやる気が芽生えていただければ、これほど嬉しいことはありません。