社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



精神・社会福祉士試験から3週間が経ち【合格点の行方は】

 

精神・社会福祉士試験から今日で3週間が経ちました。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

学生の方は卒業式が近づいていて、気持ちは4月からの新生活に移行しつつあるかもしれません。

社会人の方は、年度末で何かと忙しい日々を過ごされておられる時期ではないでしょうか。

 

 

 

私の現状としては、本業を終えて帰宅するのが20時以降になることが多く、その後にブログの新記事に着手しているのですが、疲労からまとまった時間を取るのが難しく、土日祝にまとめて作成しています。


2年以上前から毎日記事を継続していることで習慣化していますが、息を抜くところと力を入れるところの緩急をコントロール出来るようになったのは、精神・社会福祉士試験の受験経験から培えたところもあります。

 

 

さて、みなさんの関心はやはり合格点の真相ですよね。

 

私がネットをリサーチした上では、真新しい情報というものは目に入っていません。


自己採点で80点台の方だけではなくて、90点台の方も1点でも多く点数が下がることを願っていることでしょう。

 

ここでこの3週間の推移として参考にしたいデータとして、赤マル福祉の自己採点データがあります。

 

1月31日時点では、90.8点だった社会福祉士試験(全体)と103.7点だった精神保健福祉士試験(全体)でした。

 

2月18日時点では、サンプル数が増加するのに伴い、社会福祉士試験(全体)が90.3点に、精神保健福祉士試験(全体)が102.2点に下がっていることです。

 

あくまでも一部の受験生のサンプルデータにはなりますが、社会福祉士試験全体は昨年度の最終平均点が、不適切問題2問を加えると91.6点なので、可能性が残されている以上は最後の最後まで信じましょうね。

 

近日、精神・社会福祉士試験の感想投票をまとめて公開予定ですので、みなさんの率直な声を紹介させていただきます。