社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



去年の合格者に共通していたこと

去年のボーダーは81点で、不適切問題は0という結果に終わりました。

私の周りの合格者は、一部90点や100点以上という高得点で合格という人間もいましたが、85点前後というギリギリのラインで合格された方がほとんどでした。

中には、81点ぴったりで合格という方もいました。




みなさんに共通していたのは、

もしかしたら、合格するかもしれない

というイメージを、合格発表日まで描いていたようです。

言葉では表せない「受かる気がする」第六感のようなものも働いていた方もいました。

先日紹介した宅建に合格された方も、一週間前に合格する夢をみていたとおっしゃっていました。

あと数日で全てが明らかになりますが、上位28パーセント前後が受かる試験であるようにイメージングを続けているのは私だけではないはずです。

同じ思いの方は、具現化されることを待ちましょう。

念ずれば、花開きますように。