社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



仕事や育児との両立は厳しすぎるという声から

社会福祉士試験の受験生から寄せられる声の中でも多いのが、仕事や子育てに忙しくて、勉強にあてる時間がない、あんなに膨大なカリキュラムを覚えて受かる自信がないという本音です。

このような環境で、何回受けても結果を出せずに苦しまれている方もいらっしゃいます。

20代から40代の年齢層が多数受験しているこの試験では、両立しなければならない条件の方がほとんどです。


仕事を辞めて試験一本に絞った方が良いのかとか、独学では限界があるから、通信教材や塾を活用した方が受かりやすくなるのかなど、勉強法について模索されている方は実に多いです。


いかに時間を捻出して、自分に合った勉強スタイルを最後まで継続できるのかにかかってきます。

ゴールを目指す上での手段は十人十色ですから、独学でも学校でも、自分が全うできそうな方法ならば、どちらでも有りでしょう。


時間もない、頭もよくない、余裕もない、勉強の仕方もわからない。


現地点でこのような悩みを絶えず抱えている方は、「頭が悪くても、仕事や子育てで忙しくても、独学でも本気で受ける気持ちが根底にあれば、合格できる」という原則を忘れないでいただきたいです。

かくいう私もそうでしたし、第25回本試験の合格者体験談を見ても、みなさん似た境遇の中、工夫されて合格を果たされています。

まずはそういう先人の声からヒントを掴んでいただければと願います。