社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

問題集一冊で合格できるか


問題集はたくさん買って解いた方が良いのでしょうか。

このような質問を受けることがありますが、


問題集は一冊使えば合格レベルに到達できる。


というのが私の見解です。


この持論は経験則のみならず、近年の試験傾向から見てもそう言えます。


えっ!?

たった一冊で国家資格で合格率20パーセントを切る社会福祉士試験に受かるの!?

と、訝しげに感じた方もいるでしょう。

150問という膨大なボリュームかつ新出・奇問問題の乱れ打ちを見れば、とても一冊の知識量では対抗できないように感じてきます。

しかしながら、傾向が微妙に変化しても、問題集をマスターできれば、合格レベルに到達することは不可能ではないと思います。

一冊だけと思われるかもしれませんが、簡単のように思えていざ取り組んでみると一筋縄ではいかないことに気付くはずです。

問題の答えを丸暗記するだけでは太刀打ちできないことは大前提です。

分量で言えば、450問以上は掲載されているものが最低限のラインだと思います。


本試験では、問題集と一字一句全て同じ問題は出ませんし、形を変えて出題されます。

とくに基礎をベースにして、考えさせる問題や、過去問に捻りを入れて解きづらく加工している選択肢が増えていますから、まるっきり問題集と同じものは出されません。

一冊の問題集をマスターすることで肝心なことは、どのような出題が待っていても、類似問題を瞬時に見分けられて、自信を持って解答できる力が見についているかどうかです。

確かな知識と、応用力が求められる本試験では、どのような学習法を貫いてきたかで明暗がはっきり分かれます。

一冊の問題集をマスターするといっても、誰もが実践できない現実があるのです。

同じ問題を繰り返していると新鮮味がなくなって飽きがやってきますし、「もうこの辺でいいや」という具合に妥協してしまいがちな境地に立たされることが往々にして訪れます。

数回解いただけで、わかったつもりになって、本番まで復習することなく放置していく行為は、危険すぎます。

中途半端で、あいまいな知識が多いまま本番を迎えても、どうにかやり過ごせるほど簡単な試験ではないことは、合格者の誰もが実感しています。

限界を感じた時に、諦めずに最後までいかに努力できるかで、上位19パーセントの合格者に仲間入りできるかどうかが決まります。

一冊の問題集を手垢がついてボロボロに近いくらい使い回して、「人生で一番勉強できた」と、感無量になるくらいまで反復学習できれば、合格はぐっと近づきます。


大量に問題集を購入する前に、まずは目の前の一冊をじっくり咀嚼することをおススメします。

合格を手繰り寄せるために、問題集の他に必要なプラスαについては、今後紹介します。