社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



3ヵ月続けられれば

「石の上にも三年」という有名な諺がありますが、そこまで長期間忍耐を重ねなくても、まずは3ヵ月間継続してみるだけで、成長した自分を確実に感じ取ることができます。

書店やネット上で、宅建社会福祉士試験は、3ヶ月の勉強期間で合格できる(できた)といったフレーズを目にすることが多い方もいらっしゃると思います。

実際に、両資格を受験した私の所見からしても、正しい勉強法で、90日間継続して反復学習を続ければ、合格の確率は高くなると言えます。


3ケ月という期間は、数字にするとあっという間のようですが、実際にチャレンジしてみると、思いのほかしんどくて、先が見えない長い期間に感じる方が多いかもしれません。

過ぎてしまえばあっという間なのですが、特に初学者にとっては、繰り返し学習を重ねるのは面白くないものです。

でも、宅建ならば7月から、社会福祉士ならば10月から本格的に勉強を開始する受験生が見られるように、3ケ月のチカラは侮れません。

中卒で元プロキックボクサー、12種類の職を転々とした元落ちこぼれの廣田康之さん著『敗者復活力』の中でも、「どんな人でも一流になれる方法」として、3ケ月で別人になれる大切さを、実体験から説いています。

3ヵ月間だけ、何も考えずにやってみる
そうすると、細胞が全て生まれ変わる
そして、その仕事や勉強を自然に好きになってしまう

と、力説しています。

廣田氏の場合は、3ケ月の我慢で、年収1億円を手に入れるきっかけになったとのことです。

社会福祉士試験まであと3ケ月とちょっとです。

人は3ケ月くらいで全ての細胞が一巡すると言われているように、継続できた暁には、きっと3ヶ月間のチカラを実感できるはずです。