社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



社会福祉士について触れられている書籍紹介

1.『介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士になるための完全ガイド (主婦の友ベストBOOKS)



3年前に発行された書籍です。

3福祉士の特徴や、ダブルライセンスのメリット、実際に現場で働いている先輩の業務内容や、将来目指している方へのアドバイスも載っています。独立開業型社会福祉士についての紹介も数ページあります。

オールカラーページ(巻末チャプター5以外)で、現場の写真やイラストが載っているため、目に優しいです。

巻末にはそれぞれの実際の試験問題も付属しています。

2.『福祉のしごとガイドブック〈2009年版〉



多岐にわたる福祉の仕事を、それぞれの業務内容や将来性、主な職場、就業者数、勤務形態、給与水準、就職や資格取得ルート資格を取得するためのポイント、採用状況についてまとめたデータが載っています。

白黒の現場写真も多く使われていて、先輩からの現場の様子や、後輩へのメッセージも複数掲載されています。

手元に一冊あると、いつでも福祉の世界を俯瞰できます。


3.『生きがい実感!福祉のしごと (日経仕事の本SERIES)



1999年に発行されたので、10年以上昔の物ですが、本書の特徴として、福祉の第一線で働いていらっしゃる20名の先輩の仕事に就くことになったきっかけや、現状についてインタビューが載せられています。
児童養護施設で働く社会福祉士や、MSW、児童福祉司の方々も登場します。

第5章には、「福祉で起業」という特集ページがあり、福祉ビジネスを考えている方へのメッセージや、開業の実態が載っています。

実際に起業された先輩のインタビューもあります。

4.『57歳のセカンドハローワーク




とてもインパクトが強いタイトルですよね。

通信大学においても、50代で入学されている学生も珍しくはない今日この頃ですが、セカンドライフとして、
福祉の道を目指される方も増えています。

「社会貢献系資格」「求人に求められる資格例」において、社会福祉士が取り上げられています。