社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



私が学習に使用したテキストは


受験生に定評があるテキストとして、


見て覚える!社会福祉士国試ナビ2012

 
社会福祉士受験ワークブック2012 専門科目編



社会福祉士・精神保健福祉士受験ワークブック2012 共通科目編

が挙げられます。
中央法規のワークブックと、視覚的にインプットできる見て覚えるナビは
私の周りでも受験に使用している方がたくさんいらっしゃいましたし、
当日受験会場でも使用している人をぼちぼち目にしました。



私が実際に使用したテキストは、

福祉教科書 社会福祉士完全合格問題集 2012年版』の1冊です。



このテキストは、全部で596問掲載されています。
基本構成は、第20回(平成19年度)~第22回(平成21年度)から、
精選された問題が載っていて、+αで予想問題集と、
第23回(平成22年度)の試験問題150問の解説と解答が揃っています。


私は40日間の学習で、この1冊だけしか使いませんでした。
社会福祉士合格アプリ・ソフト等は一切使用していません。

短期間で、合格だけを第一に目指す上では、「過去問を制する」
ことが王道であることを、宅建受験等からとくと学んでいたからです。


☆ なぜこのテキストを選んだのか

私がこの1冊を選んだのは主に次のような理由です。

1.合格者の「過去問3年分を回せば合格できる」という生の声から

  受験情報が少ない社会福祉士受験対策のサイトをリサーチしている中で、
  「過去問3年分をまんべんなく勉強すれば合格できる」という
  合格実体験を目にしたことから、過去問4年分のボリュームが掲載
  されているこの問題集を選びました。

2.見開きページで問題と解説が載っているから

  これは宅建受験の勉強方法にも共通していますが、見開きで問題の
  選択肢別の解答と解説が一目瞭然できるレイアウトは、短期合格
  を成し遂げる効率的な学習方法として大きいです。
  この点については、別の回で説明します。