社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



具体的な過去問活用術その1


☆ 効果的に使う私の過去問使用術

私が学習に使用したテキストはこちら

福祉教科書 社会福祉士完全合格問題集 2012年版



◆ 分からない問題は後回しにするか、捨てる勇気を持つ

前述したように、どれだけ過去問を解けるようにしても、
本番では初めて目にするような問題が必ず複数出題されます。

そんな時に、焦ってしまい、1問につまづいて先に進めなく
なると、時間が足りなくなってしまい、マークミスや、全問
解けなくなる失敗に陥ってしまう恐れが考えられます。

とにかく社会福祉士の試験は問題数が多い上に5択で
文章が長いために、1問に割く時間が限られているのです。

現代社会と福祉等では、毎回過去問に載っていない
歴史上の人物の名前が登場したり、統計問題等も、
考えても分からないような問題が出されるのです。

そんな時は、とりあえず後回しにするか、思い切って
直感を信じるか、1問捨てる勇気を持って、とりあえず
解答を塗りつぶせば良いのです。

みなさんが難しいと思っている問題は、たいていの場合
他の受験者も同様に感じていることです。

試験の構成の中で3割以上は常識やセンスでしか解けないよう
問題が毎年出題されるので、自分の力だけでは太刀打ちできない
問題が必ず出来るのです。

全部解こうとする完璧主義を捨てて、確実に解ける5~6割の
過去問類似問題をこなせる方が確実に合格に近づきます。


実際に類似問題が5割取れれば、新出問題は1割程度の正解率
でも合格レベルをゲットできるのです。

◆ 実際には、6割取れれば合格できる

この試験は必ずしも6割(90点)以上取らなくとも、85点以上
取れれば合格できる仕組みになっているので、奇問・難問に拘る
よりも、ばっさり切り捨てて、取れる問題を埋めた方が、効率的です。

自分の力ではどうすることも出来ない問題が必ず出る。
完璧に得点しようとしなくても、取れるところをしっかりマークして、
合計6割取れれば確実に合格できると頭に入れていた方が、
事前学習も本試験もリラックスして臨めます。

まとめ

・本試験で奇問・難問など、過去問で見たことがない新出問題が
出るのは当たり前。あなたが難しいと思っているということは、
他の受験者も同様なので、1問にこだわりすぎない。

・本試験では、確実に得点できる過去問の類似問題をゲットする。

・本試験では、85点以上(約57%)取れれば合格できる。