社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験体験談その7 -合格発表までその1-


なんとか模範解答の結果85点を超えた私でしたが、
合格ライン基準の6割(90点)には届いていなかたので、
ボーダー上にいることには変わりありませんでした。

過去のデータを見たところ、87点が合格ラインだった回もあり、
(第20回)油断大敵でした。

しかしながら、よくよく調べてみると、「不適切問題」というもの
が存在するようでした。

私はこの時に「社会福祉士試験における不適切問題」という
言葉を初めて知りました。

前にも触れましたが、2011年10月に受けた宅建受験
でも、前代未聞の誤植による不適切問題が発生したわけ
ですが、社会福祉士試験では頻繁にあるようです。

大体2年に1度くらいのペースで1~2問挙げられていました。

不適切問題とは、あいまいなものや、明らかに選択肢の
内容が間違っていて合格発表時に発表されるものでした。

全員加点か、複数回答という形で受験者に処置されます。


受験終了後から、不適切問題の議論がネット上に広がる様に
なりました。(不適切問題の波紋については後述します)



自己採点が終わった後に、共に受けた同級生達数人に
連絡を取ってみると、みな「あれだけできなかった」と
ぼやいていたのに、90点超え(中には100点超えもいた)
という余裕の声を聴かされたので、ボーダー上にいる私だけ
置いてきぼりになった気分でした。

私を含めてみんな社会人学生でしたが、みんな陰で努力して
いる実態を知らされました。

合格内定組の友人達は、トドメめの一発を残してくれました。


「3月の合格発表の後は、合格祝勝会をやろうね!」


私の場合は万が一の結果があるので、同級生達の勇姿を知って、
ただただプレッシャーが増しました。