社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験体験談その10 -合格発表までその4-

◆ 飛び交うボーダーの行方

加えて、タカノ塾、東京アカデミー、けあサポ(中央法規)露木講師が
ボーダー予想を発表したので、不安は募りました。

なぜならば、平均して85点以上のボーダー予想だったからです。
まさにストライクゾーンの私には、死活問題でした。

12月のケアマネ試験結果が、合格率15%という最低水準の
前例が出来たことによって、もしかしたら社会福祉士も同じような
合格率になるのではないかという仮説もぼちぼち見られました。

合格率が15%ならば、恐らく90点を取らないと不合格になって
しまうわけです。

救いだったのは、宅建のボーダー算出法と異なり、予想は、
講師の個人的印象から導き出しているようなので、過去の前例を
見ても予想よりも低くなっていました。

思い切って露木講師の個人ブログから、露木講師に
メールから、不適切問題の有無について見解を尋ねてみましたが、
返って来た答えは、

「立場上お答えできません。同様に他の受験者からも不適切問題
について多数寄せられていますが、通常はよほどの事情がない限り
不適切として認められることはありません」

とのことでした。
この件については、数日後に露木講師のブログでも同様の内容で
記事が挙げられていました。

恐らく相当の受験生から不適切問題についての問い合わせが
あったのでしょう。

一方、「見て覚える!社会福祉士国家ナビ」の著者伊東講師は、
自身のブログにて、第24回の試験難易度についての見解を、

「第23回(ボーダー81点)よりも、全体的に難しかった。
ボーダーが前回を超えるのは考えにくい」

という希望的観測を示してくれました。

加えて小高塾というサイトの塾長が79点を予想していたため、期待が残りました。

第20~23回までほぼ的中してきたとのお墨付きです。
赤マル福祉の自己採点診断を見ると、受験データ1000人
超えのサンプルをもとに、平均が89点でした。


一見すると、恐ろしい数字でしたが、第22~23回も同様の
数字だったようで、2回とも結果的には、81点と84点(不適切
2問含む)だったので、この法則から行くと、第24回も不適切問題
がなければ85点以下で合格できるかもしれないという希望が残りました。

前述した講師のボーダー予想と異なり、宅建受験のように
受験者のサンプルをもとに計算しているので、信頼性は高かったです。

そうこうしているうち、長かった合格発表の日が近づいてきました。