社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



押切もえさんがリベンジ受験でゲットした難関資格は


モデル兼タレントの押切もえさんが2011年にある資格を取得されていたことをご存知でしょうか。


社団法人 日本ソムリエ協会主催の「ワインエキスパート呼称資格認定試験」取得者なのです。


本試験は一次試験と二次試験に分かれています。


一次試験ではワインを含む飲料の必須知識等を問う筆記試験で、二次試験では、商品名を伏せたワインをテイスティングし、ブドウ品種、ヴィンテージ、味わいなどを表現する「デギュスタシオン(利き酒)」と言われる方式だそうです。

2014年の合格率は4割ですが、年によっては3割の回もある難関資格です。

毎年700人程度増えていましたが、2014年時点での累計は前年よりも1,163人増加し、累計取得者は11,132人となっています。


押切もえさんは2010年に同試験を受験したが一次で不合格だったようです。

翌年に2年越しの受験で見事合格を手にされたようです。


受験のきっかけにつながったのは、2009年9月に“ワインのある豊かな生活やワインの楽しみ方を紹介するワイン親善大使”として「メルシャン・ワインアンバサダー」に就任したことが発端のようです。

就任以来、仕事の合間での勉強やワイン勉強会などに継続的に参加するなど、努力を重ねてきたようです。


仕事から資格取得に結びつけた一つの生き方を学ばせてもらいます。